HOME 高校

2021.06.21

今季高校リストトップの角良子が11秒84で100m制す「日本選手権で決勝に残りたい」/IH中国大会
今季高校リストトップの角良子が11秒84で100m制す「日本選手権で決勝に残りたい」/IH中国大会


◇インターハイ中国大会(6月18日~20日/山口県山口市)

夏のインターハイを懸けた地区予選となる中国大会が山口県山口市の維新百年記念公園陸上競技場で行われた。

広告の下にコンテンツが続きます

今季11秒66(+0.1)をマークして高校ランキングトップにたつ角良子(倉吉東3鳥取)が女子100mに出場し、11秒84(-0.1)で制した。しかし、今大会では全力を出し切る想定はなく、24日(木)から始まる日本選手権を見据えて余力を残し、インターハイへの切符を確実に獲得することを念頭に置いたレースであったという。

「日本選手権では、決勝に残りたいです。シニアの方がいてレベルも高いので、ベストタイムを残さないといけませんが」。そう語る角の視線の先には、東京五輪の4×100mリレー日本代表入りという高い目標があった。それでも、今大会では準決勝で11秒74(+0.6)を出し、アベレージが高まってきているのを実感。鳥取県大会から自己記録を連発して11秒66までマークしてきていることも、角にとっては自信となっている。

中学時代から世代トップ選手だったが角。高校入学後に負った左膝の前十字靱帯断裂という大きなケガを乗り越え、最終学年となった今シーズンの序盤から「ハマり始めた感じがある」と言うほどの好調さを見せている。この調子を維持して、日本選手権ではシニア選手も“アッ”と言わせるような走りを見せるかもしれない。

◇3000m障害で黒田朝日が高校歴代8位でV……
男子3000m障害で黒田朝日(玉野光南3岡山)が山口翔平(西京3山口)を残り1000mを前に振り切り、8分48秒48の自己新(高校歴代8位)で優勝。山口も初の8分台となる8分57秒57の自己新記録で2位となった。女子200mでは山本千菜(宮島工3広島)が24秒41(+2.0)で勝利し、女子100mハードルでは福嶋ひなた(鳥取中央育英2鳥取)が昨年の全国大会2位の浅木都紀葉(広島皆実3広島)らを制し、13秒87(+1.4)の大会新記録で優勝。女子砲丸投の奥山琴未(岡山商大附2岡山)、同ハンマー投の有汲颯妃(玉野光南3岡山)、同やり投の村上碧海(西条農3広島)も実力者としての力を見せつけてそれぞれ優勝し、全国タイトルに向けて順当に駒を進めた。

広告の下にコンテンツが続きます

対抗得点では、男子は60点、女子は57.5点をそれぞれ獲得した玉野光南(岡山)がアベックで総合優勝を飾った。

地区大会は全11地区で開催。各種目上位6名(競歩、女子棒高跳、三段跳、ハンマー投は上位4位、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)が全国大会に出場。インターハイは7月28日から8月1日まで福井県で開催される。

文/松山林太郎

◇インターハイ中国大会(6月18日~20日/山口県山口市) 夏のインターハイを懸けた地区予選となる中国大会が山口県山口市の維新百年記念公園陸上競技場で行われた。 今季11秒66(+0.1)をマークして高校ランキングトップにたつ角良子(倉吉東3鳥取)が女子100mに出場し、11秒84(-0.1)で制した。しかし、今大会では全力を出し切る想定はなく、24日(木)から始まる日本選手権を見据えて余力を残し、インターハイへの切符を確実に獲得することを念頭に置いたレースであったという。 「日本選手権では、決勝に残りたいです。シニアの方がいてレベルも高いので、ベストタイムを残さないといけませんが」。そう語る角の視線の先には、東京五輪の4×100mリレー日本代表入りという高い目標があった。それでも、今大会では準決勝で11秒74(+0.6)を出し、アベレージが高まってきているのを実感。鳥取県大会から自己記録を連発して11秒66までマークしてきていることも、角にとっては自信となっている。 中学時代から世代トップ選手だったが角。高校入学後に負った左膝の前十字靱帯断裂という大きなケガを乗り越え、最終学年となった今シーズンの序盤から「ハマり始めた感じがある」と言うほどの好調さを見せている。この調子を維持して、日本選手権ではシニア選手も“アッ”と言わせるような走りを見せるかもしれない。 ◇3000m障害で黒田朝日が高校歴代8位でV…… 男子3000m障害で黒田朝日(玉野光南3岡山)が山口翔平(西京3山口)を残り1000mを前に振り切り、8分48秒48の自己新(高校歴代8位)で優勝。山口も初の8分台となる8分57秒57の自己新記録で2位となった。女子200mでは山本千菜(宮島工3広島)が24秒41(+2.0)で勝利し、女子100mハードルでは福嶋ひなた(鳥取中央育英2鳥取)が昨年の全国大会2位の浅木都紀葉(広島皆実3広島)らを制し、13秒87(+1.4)の大会新記録で優勝。女子砲丸投の奥山琴未(岡山商大附2岡山)、同ハンマー投の有汲颯妃(玉野光南3岡山)、同やり投の村上碧海(西条農3広島)も実力者としての力を見せつけてそれぞれ優勝し、全国タイトルに向けて順当に駒を進めた。 対抗得点では、男子は60点、女子は57.5点をそれぞれ獲得した玉野光南(岡山)がアベックで総合優勝を飾った。 地区大会は全11地区で開催。各種目上位6名(競歩、女子棒高跳、三段跳、ハンマー投は上位4位、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)が全国大会に出場。インターハイは7月28日から8月1日まで福井県で開催される。 文/松山林太郎

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top