月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

十種競技の右代啓祐 欧州連戦2戦目7337点で10位で東京五輪に届かず


男子十種競技の日本記録(8308点)保持者でオリンピック2大会出場している右代啓祐(国士舘クラブ)がドイツ・ラーティンゲンで開催されるStadtwerke Ratingen Mehrkampf-Meetingに出場し、7337点で10位だった。この結果、東京五輪の出場への道は厳しいものとなった。

東京五輪の参加標準記録8350点に届いていなかった右代は、6月の日本選手権を回避して同日程だったスペイン・アロナ島で行われたX Meeting Internacional Aronaに出場。ワールドランキングでより高得点を見込める世界陸連の「カテゴリーGL」の競技会に出場したものの棒高跳で記録なしに終わり、その後は途中棄権した。

それでも3大会連続オリンピックをあきらめることなく、翌週に同じくカテゴリーGLのドイツ・ラーティンゲンで開催されたStadtwerke Ratingen Mehrkampf-Meetingへ転戦。1種目めの100mで11秒55(+1.0)でスタート。円盤投では全体8位の44m40、棒高跳でも4m70など意地を見せたが、7337点で10位にとどまった。優勝記録は8184点。

東京五輪の参加資格の有効期間は6月29日まで。この大会終了時点で参加標準記録とワールドランキングの両方で東京五輪の参加資格を満たすことはできておらず、今後、同じくカテゴリーの高い混成競技の国際競技会はなく、参加資格を得るためには有効期間内に参加標準記録を突破するしかない。東京五輪の出場は現実的に厳しいものとなった。

ただ、東京五輪出場のために選択したチャレンジは、十種競技の第一人者として数々の歴史を切り開いてきた「日本のキング」らしい姿だった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com