月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

箱根駅伝13年ぶりV駒大の寮母・大八木京子さんに密着! 名門を支える“7つのルール”とは?

今年の箱根駅伝で13年ぶりの総合優勝を果たし、昨年の11月の全日本大学駅伝と合わせて学生駅伝2冠を果たした駒大。この春もトラックで駒大の選手たちが好記録を連発し、その勢いは増すばかりだ。

駒大といえば「男だろ!」などの名文句で、これまで数々の有力ランナーを世に送り出してきた名将・大八木弘明監督が注目を集めるが、その大八木監督や選手たちを支えているのが駒大陸上競技部の寮母を務める監督夫人である大八木京子さんだ。

この大八木京子さんを密着した番組、『セブンルール』(関テレ/フジテレビ系全国ネット)が放送される。“ルールが人生を映し出す”をテーマに、「“今最も見たい女性”に密着し、 自身が課す“7つのルール=こだわり”を手がかりに、その女性の強さ、弱さ、美しさ、その人生観を映し出す」ドキュメントバラエティーとして人気の番組だ。

50人を超える部員を、27年間、寮母として食生活を中心にサポートしている京子さん。大八木監督は「女房の食事がなかったら駒大陸上部はない」と断言するほど、京子さんの食事に太鼓判を押す。もちろん、選手たちもまた感謝を忘れない。

大八木監督と京子さんの出逢いは学生時代。京子さんが駒大のマネージャーで、5歳上だった大八木監督が実業団を経て選手として入部した。京子さんが29歳の時に結婚。その後、指導者して母校に戻った大八木監督(当時・コーチ)が最初に改善策として挙げたのが「食生活の見直し」。京子さんは「料理にまったく自信がなかった」と当時を振り返るが、徐々に駒大は存在感を増していき、京子さんが寮母となって5年目に箱根駅伝で初の総合優勝を果たした。

番組では陸上競技に青春を捧げ、日々厳しい練習を行う選手と、その生活を裏方として支える京子さんとの絆を紹介。京子さんが日々の食事作りに込めた思い、そして卒部式で4年生が京子さんに伝えた感謝の言葉とは……。名門・駒大を支える大八木京子さんの「7つのルール」は、駅伝ファン必見だ。

5月11日(火)23時からフジテレビ系全国ネットで放送される。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com