月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

森川賢一氏・西原加純がヤマダHDからシスメックスへ 常磐高の高木雅一氏がヤマダHD新監督就任

2012年からヤマダホールディングスの監督を務めていた森川賢一氏が、同日付でシスメックス女子陸上部監督に就任することが同社から発表された。森川氏は京都教育大卒、京都府内の高校教員を務めたのち、2005年に佛教大で指導に当たり、09、10年には佛教大を全日本大学女子駅伝連覇に導いた。また、大学時代から指導してきた西原加純もシスメックスへ移籍。竹地志帆も現役を引退し、マネージャーとしてシスメックスへ移ることもわかった。

森川新監督は「競技はもちろん、社会人として競技者として人間性を成長させることを主眼とし、地元の皆様
に愛されるチームを選手、スタッフと共に創り上げていきたいと思っています。そしてこのチームから世界の舞台に飛び出す選手を育成して参ります」とコメントしている。シスメックスは女子マラソン日本記録保持者の野口みずきが現役時代に所属。昨年の全日本実業団対抗女子駅伝は20位だった。

また、群馬・常磐高校で監督を務めた高木雅一氏が2月16日付でヤマダホールディングスの監督に就任すると同社が発表した。高木氏は東海大を卒業後、1987年に常磐高の監督に就任。全国高校駅伝20回出場、入賞9回の強豪校へと押し上げ、2015年には準優勝を果たした。また、個人でも数々のトップ選手を育成。今回、就任するに当たり、高校時代からの教え子でもある岡本春美も三井住友海上から移籍する。

高木新監督は同社を通じ、「実績あるチームで指導させていただくことは誠に光栄であります。社会人としての人間形成、世界で戦える選手の育成、そして地域、会社の皆様に応援され愛されるチーム作りを目指したいと思います」とコメントしている。ヤマダホールディングスは昨年の全日本実業団対抗女子駅伝で6位だった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com