月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

コニカミノルタ監督交代を発表 磯松大輔監督が退任し酒井勝充副部長が監督代行に


コニカミノルタは2月16日、現・監督を務めている磯松大輔氏に代わり、4月1日付で現・副部長、前監督の酒井勝充氏が監督代行として就任すると発表した。

コニカミノルタは2001年に全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)で初優勝を飾り、通算8度の優勝を誇る強豪。磯松監督は法大出身、13年4月にコーチから監督へと昇格して指揮を執っていた。今年のニューイヤー駅伝では18位だった。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com