月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

桐生祥秀と末續慎吾が「速く走る秘訣」を伝授 オンラインイベントで対談


男子100mで日本人初の9秒台(9秒98)をマークした桐生祥秀(日本生命)と、2003年パリ世界選手権男子200m銅メダリストの末續慎吾(EAGLERUN)が12月26日、アシックスのオンラインイベントで対談した。イベントの様子はインターネットでライブ配信され、シューズ購入者の中から選ばれた3人からの質問にも答えるなど、ファンとの交流を楽しんだ。
2017年に100mで日本記録を塗り替えた桐生と、200mで今も20秒03の日本記録を保持する末續。対談では2人のトップスプリンターが「なぜ速く走れるのか」「どんな感覚で走っているか」をテーマに展開された。

「なぜ違和感が出るのかと考えた」(末續)
「『違和感』と『変化』の違いは難しい」(桐生)

――お互いの走りにどんな印象を持っているか。

末續 走り方というよりは、内面が身体に出る選手だなと思って見ていました。直線的ではなく、回転の良さが出る走り方で、そこは(自分と)似ているかな。

桐生 末續さんは1歩1歩が的確で、ダイナミックではないけどミスすることがない。きれいな走り方をしているようで、骨盤などがすごく動いている。コーナーの抜け方のテクニックを何回も見たりします。

末續 うれしい。僕は競走や集団心理が組み込まれた環境下でのトレーニングが多かったです。その中でいかに勝つかという中で身体の動きを覚えていったから、桐生の言う「確かな技術」というのは僕は考えなくてもできます。考えて表現しようとしているうちは海外の選手が相手だと押さえつけられてしまうので、そういうアプローチでは絶対勝てないだろうなと思い、競走のシーンを増やしました。

――フォームをどのように改良して速くなったか。

末續 僕は痛感が鋭くて、「痛い」「嫌だな」「違和感」という3段階くらいあるんですけど、違和感が出る走りというのはあまりいい走りではない。なぜ違和感が出るのかと考えて、身体の向きを変えたりしてそれが出ないように走り方をしていくと、自然とフォームは身につくんです。僕はそうやって痛みやケガにつながらない走りを追求して、フォームに落とし込んでいきました。

桐生 「違和感」と「変化」の違いは難しくて、中高生の時は何かを変えようとすると違和感があります。それをやるかやらないか、迷ったことはあります。この違和感はいい違和感なのか、悪い違和感なのか、何本も走らないとわかりません。自分の中で試行錯誤しながらやってきました。

――走りやフォームを工夫する中で、ピンのないスパイク(METASPRINT/メタスプリント)はどのような効果があるか。

桐生 ピンがないのは大きな違いですが、走り方を靴に合わせようとはしていません。

末續 僕は40歳なので、筋力や反射といったものは落ちてきます。道具の性能に依存しないタイプなので、以前は反発の弱いシューズのほうが多かったですが、この靴は高反発で、ピンがないので、身体がどちらに向かっていいのかを靴のほうがアプローチしてくれます。反発と誘導性が集約されているので、自分はそれに対して努力しなくていい。補ってくれているのを実感します。

桐生 「スパイクに甘えない」というのはあります。中高生で脚が流れるような選手は、ピンがあるとごまかせるんです。この靴を履くことで、どこに接地をすれば進むかを確かめられるのも良いと思います。

――2人ともリレーでの活躍が印象として強い。

桐生 陸上を見始めたのが北京五輪(2008年)。日本の4×100mリレー(当時銅メダル、後に銀メダルへ変更)を見て、「あんなに感情的になれるスポーツってすごい」と感動しました。

末續 (2016年リオ五輪を見て)仲が良いな、楽しそうだなと感じました。僕らの仲が悪かったわけではないですが、僕らは「絶対に負けたくない」というライバルが仲間になることの信頼感が絶大だった。リオの4人は我の強さと信頼感のバランスが取れていたのかなと思いました。

 *  *

 末續との対談を終えて「話せて良かった」と振り返った桐生。日本男子短距離界の金字塔を打ち立てたレジェンドとの対談は自身の競技活動への刺激になったようだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com