月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】日本選手権3000m障害・三浦龍司、5000m遠藤日向、松田瑞生らが欠場 大迫、一山は10000mに絞る


12月4日の日本選手権・長距離(大阪・ヤンマースタジアム長居)のエントリーリストが更新。男子3000m障害で日本歴代2位の8分19秒37を持つ三浦龍司(順大)が欠場する。三浦は期間外ながら自己記録で東京五輪の参加標準記録(8分22秒00)を突破していただけに期待されていた。

また、男子5000mの遠藤日向(住友電工)はすでに自身のSNSでも欠場を発表していた。男子マラソンの日本記録保持者で五輪内定の大迫傑(Nike)は5000mと10000mの2種目でエントリーしていたが10000mに出場する見込み。

女子5000mでは、昨年優勝で世界選手権代表の木村友香(資生堂)が欠場。女子マラソンで東京五輪代表に内定している一山麻緒(ワコール)は10000mのみ出場する。10000mでは松田瑞生(ダイハツ)、福士加代子(ワコール)が欠場する。

今大会フィニッシュ時点で東京五輪の参加標準記録突破者で優勝した選手は五輪代表に内定。女子5000mで廣中璃梨佳(日本郵政グループ)、田中希実(豊田自動織機TC)、女子10000mで新谷仁美(積水化学)が参加標準記録を突破している。

■第104回日本陸上競技選手権大会・長距離競技日程
12月4日(金) 
15:30 女子3000mSC
16:05 男子3000mSC
16:24 男子5000m
16:50 女子5000m
17:15 女子10000m
17:53 男子10000m1組(B組)
18:29 男子10000m2組(A組)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com