月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】全国女子駅伝中止で代替大会「京都 女子駅伝・中長距離競技」を1月17日開催


2021年1月17日に予定されていた皇后杯第39回全国都道府県対抗女子駅伝がコロナ禍により中止となったことを受け、京都陸協などは12月1日、代替大会として「京都 女子駅伝・中長距離競技会」を開催すると発表した。

「女子陸上競技の中長距離選手の普及・強化育成」を目的とし、中高生から実業団まで、たけびしスタジアム京都(西京極)でのトラックレースを実施。恒例の「少女ミニ駅伝」も行われる。

種目は女子3000m(中学、高校)、5000m(高校、一般)、女子10000m(一般)。対象は大学生、実業団が近畿圏に在住または在勤、在学の参加標準記録突破(5000m16分40秒00/10000m33分59秒99)選手、中高生は近畿圏の各陸協から推薦された選手。感染対策を徹底したうえで行われる。

都道府県女子駅伝は都道府県対抗の「オールスター戦」で、中学生から実業団まで各カテゴリーの選手たちがタスキをつなぎ都大路を駆け抜ける1月の風物詩となっている大会。21年大会はコロナ禍により初の中止となった。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com