月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】富士通・五輪代表の中村3区、塩尻7区 Hondaルーキー・伊藤は3区/東日本実業団駅伝


正月の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の予選会を兼ねた第61回東日本実業団対抗駅伝が11月3日に埼玉県熊谷市で開催。出場チームの最終オーダーが出そろった。

前回、東日本覇者のコニカミノルタは、1区に西池和人、3区に菊地賢人を配置。同2位のHondaの3区には東京国際大卒のルーキー・伊藤達彦が入った。昨年は全日本出場権を逃している富士通は、1区に浦野雄平が入り、東京五輪マラソン代表の中村匠吾が3区。ケガから復帰の塩尻和也が7区にエントリーされた。

全23チームが出場し、上位12チームが全日本実業団対抗駅伝(2021年1月1日)の出場権を得られる。例年、埼玉県庁をスタートして熊谷スポーツ文化公園陸上競技場をフィニッシュするコースで行われてきたが、今年は新型コロナウイルスの影響により熊谷スポーツ文化公園内の周回コースで実施される。

最終オーダーはこちら



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com