月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】久保田和真(九電工)が現役引退 高校、大学と数々の実績残す


九電工はホームページで、久保田和真が10月31日付で退部したと発表した。久保田はホームページ上で「4年は陸上競技部に在籍しましたが、駅伝に出場することができず、チームに貢献できなかったことを大変申し訳なく思っています」と悔みつつ、「そんな中でも多くの方々に応援していただけたことに対して、心より感謝しております」とつづった。

久保田は熊本・九州学院高から青学大を経て2016年に同社に入部。高校時代は全国高校駅伝1区区間賞など世代トップとして活躍し、12年に青学大に進学した。青学大では1年目の出雲駅伝で3区区間賞を獲得して初優勝に貢献。3、4年時の箱根駅伝では1区を務め、3年時区間2位、4年時は区間賞で総合連覇を達成した。学生駅伝で存在感を発揮する青学大の礎を作った一員として活躍。九電工に入社してからは故障などに苦しんだが、高校、大学と世代トップに君臨し、そのスター性と鮮烈な走りで多くのファンや後に続く中高生ランナーたちを魅了した。

なお、今後は社業に専念するとしている。

以下、久保田和真のコメント全文
「4年半陸上競技部に在籍しましたが、駅伝に出場することが出来ず、チームに貢献出来なかったことを大変申し訳なく思っています。そんな中でも多くの方々に応援して頂けたことに対して、心より感謝しております。本当にありがとうございました。今後は社業に尽力し、そちらで恩返しできるように邁進いたします」



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com