HOME 海外

2024.07.01

女子400mHで世界新!マクローリン・レヴロンが50秒65 100mHラッセルは歴代4位12秒25/全米五輪選考会
女子400mHで世界新!マクローリン・レヴロンが50秒65 100mHラッセルは歴代4位12秒25/全米五輪選考会

2022年オレゴン世界選手権でのマクローリン

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)8日目

全米五輪選考会の8日目が行われ、女子400mハードルではS.マクローリン・レヴロンが50秒65の世界新記録で優勝を飾った。従来の世界記録は22年世界選手権で自身が出した50秒68。

マクローリン・レヴロンは21年東京五輪、22年オレゴン世界選手権といずれも世界新記録を打ち立てて金メダルを獲得。昨年はスプリント種目に専念し、400mでは世界歴代10位の48秒74で優勝したものの、膝のケガでブダペスト世界選手権を欠場していた。

ケガ明けのシーズンとなった24年はスピードに磨きが掛かり、200mで22秒07をマークするなど好調。400mでも48秒75で走破している。

パリ五輪に向けては選考会前に400mハードルに専念することを表明し、今大会では1種目のみにエントリー。予選で53秒07、準決勝で52秒48と好記録を並べ、決勝では前半を24秒41で突っ込むと、後半も独走してフィニッシュした。2位のA.コックレルも52秒64と世界歴代11位の好タイムだったが、2秒近い大差をつけての勝利となった。

このほか、女子100mハードルではM.ラッセルが12秒25(+0.7)と世界歴代4位で優勝。2位のA.ジョンソン、3位のG.スタークがともに歴代11位タイとなる12秒31で五輪出場を決めた一方、昨年の世界選手権3位のK.ハリソンと8位のN.アリが落選している。

女子1500mではN.ヒルツが3分55秒33、男子5000mはG.フィッシャーが13分08秒85、同800mのB.ホッペルが1分42秒77と大会新記録で1位。男子400mハードルは東京五輪銀メダリストのR.ベンジャミンが今季世界最高の46秒46でパリ五輪出場を決めている。

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)8日目 全米五輪選考会の8日目が行われ、女子400mハードルではS.マクローリン・レヴロンが50秒65の世界新記録で優勝を飾った。従来の世界記録は22年世界選手権で自身が出した50秒68。 マクローリン・レヴロンは21年東京五輪、22年オレゴン世界選手権といずれも世界新記録を打ち立てて金メダルを獲得。昨年はスプリント種目に専念し、400mでは世界歴代10位の48秒74で優勝したものの、膝のケガでブダペスト世界選手権を欠場していた。 ケガ明けのシーズンとなった24年はスピードに磨きが掛かり、200mで22秒07をマークするなど好調。400mでも48秒75で走破している。 パリ五輪に向けては選考会前に400mハードルに専念することを表明し、今大会では1種目のみにエントリー。予選で53秒07、準決勝で52秒48と好記録を並べ、決勝では前半を24秒41で突っ込むと、後半も独走してフィニッシュした。2位のA.コックレルも52秒64と世界歴代11位の好タイムだったが、2秒近い大差をつけての勝利となった。 このほか、女子100mハードルではM.ラッセルが12秒25(+0.7)と世界歴代4位で優勝。2位のA.ジョンソン、3位のG.スタークがともに歴代11位タイとなる12秒31で五輪出場を決めた一方、昨年の世界選手権3位のK.ハリソンと8位のN.アリが落選している。 女子1500mではN.ヒルツが3分55秒33、男子5000mはG.フィッシャーが13分08秒85、同800mのB.ホッペルが1分42秒77と大会新記録で1位。男子400mハードルは東京五輪銀メダリストのR.ベンジャミンが今季世界最高の46秒46でパリ五輪出場を決めている。

【動画】マクローリン・レヴロンが50秒65!女子400mハードルをチェック!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

やり投・北口榛花スイッチ入った!また6回目に逆転V!今季自己最高の65m21/DLモナコ

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)第9戦・モナコ大会が7月12日に行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が優勝した。 北口は1投目にシーズンベストとなる64m63をマーク。1投目の記録としては自己最高となる。しかし、 […]

NEWS 編集部コラム「あの景色を忘れない」

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top