HOME 国内

2024.06.22

日本記録保持者・山﨑有紀「1種目ごとに切り替えられた」ヘンプヒル恵、大玉華鈴の“3強”が巻き返しへ/日本選手権混成
日本記録保持者・山﨑有紀「1種目ごとに切り替えられた」ヘンプヒル恵、大玉華鈴の“3強”が巻き返しへ/日本選手権混成

山﨑有紀、ヘンプヒル恵、大玉華鈴の3人(24年日本選手権混成の七種競技)

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場)1日目

パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技の初日が行われ、女子七種競技は熱田心(岡山陸協)が3338点を獲得してトップで折り返した。

5975点の日本記録を持ち、5度の優勝を誇る山﨑有紀(スズキ)は3286点で4位。「もうちょっと記録が出たなという種目もあって悔やまれます」と振り返るも、向かい風1.6mだった4種目めの200mは25秒30で、「(風に)立ち向かう自分らしい走りが少しはできたかな」と笑みを浮かべる。

100mハードルは14秒35(-1.4)と苦しいスタートとなったが、「1種目ずつ切り替えられました」。走高跳は1m63にとどまるも、得意の砲丸投は13m00で全体トップだった。

2日目に向けて「最後まで何が起こるかわからないのが混成競技。自己ベストと優勝を目指して、(予報される)雨にも負けず、自分らしく楽しみたい」と力を込めた。

3298点で2位の折り返しだったのが大玉華鈴(日体大SMG横浜)。「得意の1日目は最低でもトップでと思っていましたが…」と悔しがる。2月に左ハムストリングスを痛めた影響で「初めての肉離れで不安もありました」。それでも、「それなりに練習を積めてきました。天候は心配ですが挽回していきたい」と初優勝へ照準を絞る。

2年ぶりに出場となったヘンプヒル恵(アトレ)は3295点で3位。「七種競技をやっているなという感じ」と点数には苦笑い。「自分のパフォーマンスを出すというところを目標にしていたので、そこにズレがあるのは悔しい」と言い、2日目に向けて「走幅跳は6m、やり投は45m、800mは練習してきたので気持ちで行きます。切り替えて集中したい」と2年ぶり5度目のVへ逆転を誓う。

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場)1日目 パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技の初日が行われ、女子七種競技は熱田心(岡山陸協)が3338点を獲得してトップで折り返した。 5975点の日本記録を持ち、5度の優勝を誇る山﨑有紀(スズキ)は3286点で4位。「もうちょっと記録が出たなという種目もあって悔やまれます」と振り返るも、向かい風1.6mだった4種目めの200mは25秒30で、「(風に)立ち向かう自分らしい走りが少しはできたかな」と笑みを浮かべる。 100mハードルは14秒35(-1.4)と苦しいスタートとなったが、「1種目ずつ切り替えられました」。走高跳は1m63にとどまるも、得意の砲丸投は13m00で全体トップだった。 2日目に向けて「最後まで何が起こるかわからないのが混成競技。自己ベストと優勝を目指して、(予報される)雨にも負けず、自分らしく楽しみたい」と力を込めた。 3298点で2位の折り返しだったのが大玉華鈴(日体大SMG横浜)。「得意の1日目は最低でもトップでと思っていましたが…」と悔しがる。2月に左ハムストリングスを痛めた影響で「初めての肉離れで不安もありました」。それでも、「それなりに練習を積めてきました。天候は心配ですが挽回していきたい」と初優勝へ照準を絞る。 2年ぶりに出場となったヘンプヒル恵(アトレ)は3295点で3位。「七種競技をやっているなという感じ」と点数には苦笑い。「自分のパフォーマンスを出すというところを目標にしていたので、そこにズレがあるのは悔しい」と言い、2日目に向けて「走幅跳は6m、やり投は45m、800mは練習してきたので気持ちで行きます。切り替えて集中したい」と2年ぶり5度目のVへ逆転を誓う。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

やり投・北口榛花スイッチ入った!また6回目に逆転V!今季自己最高の65m21/DLモナコ

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)第9戦・モナコ大会が7月12日に行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が優勝した。 北口は1投目にシーズンベストとなる64m63をマーク。1投目の記録としては自己最高となる。しかし、 […]

NEWS 編集部コラム「あの景色を忘れない」

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top