HOME 国内

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成
世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

日本選手権混成の前日会見に臨んだ丸山優真と田上駿

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場)

パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。

男子十種競技で前回優勝の丸山優真(住友電工)。昨年はアジア選手権も制し、ブダペスト世界選手権にも初出場を果たした。

「昨年から五輪出場に向けて頑張ってきた」と丸山。ただ、4月末のマルチスターズ(イタリア)では膝を痛めて途中棄権に終わった。それでも、「すぐに切り替えて最大限できることを探してやってきました。後はそれを出すだけ」と強い気持ちを持つ。

特に「投てきの砲丸投、円盤投でベストが出ていて、やり投もベストが出そう」と手応えをつかんでいる。一方で膝の具合もあるため、「まず棒高跳で落ちないこと。走高跳と走幅跳がポイントになる」と語る。

冬にはエストニアに武者修行。「パリ五輪に出るために環境にもこだわってきた。意識も技術も変えられた」と話す。ブダペスト世界選手権では7844点の自己新。大舞台でも強さを見てきただけに、逆境に打ち勝つ姿を見せるだろう。

昨年のアジア選手権、アジア大会で日本代表となった田上駿(陸上物語)は「優勝を第一目標にやっていく」と初優勝への意欲を見せる。

昨年10月に、長年苦しんできた足首を手術し、「リハビリを経て順調にトレーニングを積めています」と言う。今季は「基礎体力作りをベースにして、ウエイトトレーニングなどで体重を増やしてパワーを上げてきた」と話し、「1日目の最初の3種目(100m、走幅跳、砲丸投)でペースを作りたい」と思い描いている。

「勝負所の強さが持ち味。1種目ずつしっかり集中してこなしていけばパフォーマンスが上がる」と力強く語った。

日本選手権混成の十種競技は1日目に100m、走幅跳、砲丸投、走高跳、400m、2日目に110mH、円盤投、棒高跳、やり投、1500m行われ、大会の模様はライブ配信される。

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前回優勝の丸山優真(住友電工)。昨年はアジア選手権も制し、ブダペスト世界選手権にも初出場を果たした。 「昨年から五輪出場に向けて頑張ってきた」と丸山。ただ、4月末のマルチスターズ(イタリア)では膝を痛めて途中棄権に終わった。それでも、「すぐに切り替えて最大限できることを探してやってきました。後はそれを出すだけ」と強い気持ちを持つ。 特に「投てきの砲丸投、円盤投でベストが出ていて、やり投もベストが出そう」と手応えをつかんでいる。一方で膝の具合もあるため、「まず棒高跳で落ちないこと。走高跳と走幅跳がポイントになる」と語る。 冬にはエストニアに武者修行。「パリ五輪に出るために環境にもこだわってきた。意識も技術も変えられた」と話す。ブダペスト世界選手権では7844点の自己新。大舞台でも強さを見てきただけに、逆境に打ち勝つ姿を見せるだろう。 昨年のアジア選手権、アジア大会で日本代表となった田上駿(陸上物語)は「優勝を第一目標にやっていく」と初優勝への意欲を見せる。 昨年10月に、長年苦しんできた足首を手術し、「リハビリを経て順調にトレーニングを積めています」と言う。今季は「基礎体力作りをベースにして、ウエイトトレーニングなどで体重を増やしてパワーを上げてきた」と話し、「1日目の最初の3種目(100m、走幅跳、砲丸投)でペースを作りたい」と思い描いている。 「勝負所の強さが持ち味。1種目ずつしっかり集中してこなしていけばパフォーマンスが上がる」と力強く語った。 日本選手権混成の十種競技は1日目に100m、走幅跳、砲丸投、走高跳、400m、2日目に110mH、円盤投、棒高跳、やり投、1500m行われ、大会の模様はライブ配信される。

【動画】日本選手権混成のライブ配信をチェック!

1日目 https://www.youtube.com/live/9UzOBO3zmB8?si=NMePB-2DdNIWJ4mN 2日目 https://www.youtube.com/live/J4JAFlhU6W8?si=jMJ9vjLKkPlBELmO

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top