HOME 国内、日本代表

2024.06.14

ハンマー投・福田翔大が73m91!! 日本歴代4位をさらに更新 女子円盤投の郡菜々佳が2位/アジア投てき選手権
ハンマー投・福田翔大が73m91!! 日本歴代4位をさらに更新 女子円盤投の郡菜々佳が2位/アジア投てき選手権

24年静岡国際男子ハンマー投で優勝した福田翔大

アジア投てき選手権の初日が6月14日、韓国・木浦で行われ、男子ハンマー投の福田翔大(住友電工)が73m91の自己新記録で銀メダルを獲得。日本歴代の順位は変わらず4位だが、日本人4人目の74mまであと9cmと迫った。

社会人ルーキーの福田は昨年のこの大会で優勝し、連覇を目指しての出場。1回目は71m30と伸び悩んだが、2回目に73m91と自己記録を91cm更新すると、3回目にも72m98と好記録を並べる。後半は記録を伸ばせず、最終投てきでは74m01を放った王琦(中国)に逆転を許したものの、世界陸連(WA)の大会カテゴリー「C」に分類される大会で結果を残した。

高校時代から全国のトップで活躍し、日大では前日本記録保持者・室伏重信氏のアドバイスを受けて才能を花開かせた。昨年は日本選手権で2年ぶり2度目の優勝を飾り、アジア選手権では銅メダルを獲得。今季は5月の静岡国際で73m00を投げて優勝するなど、安定感も出てきており、日本の第一人者としての地位を固めつつある。

今大会では優勝こそ逃したが、パリ五輪に向けて貴重なポイントを獲得。6月末の日本選手権でさらに記録を伸ばして優勝できれば、五輪出場の可能性も広がってくる。

また、同種目には柏村亮太(ヤマダホールディングス)も出場し、71m76で3位。女子円盤投では郡菜々佳(サトウ食品新潟アルビレックスRC)が55m33の2位、齋藤真希(東海大院)が54m73で3位に入った。

2日目には男女のやり投が行われる。

アジア投てき選手権の初日が6月14日、韓国・木浦で行われ、男子ハンマー投の福田翔大(住友電工)が73m91の自己新記録で銀メダルを獲得。日本歴代の順位は変わらず4位だが、日本人4人目の74mまであと9cmと迫った。 社会人ルーキーの福田は昨年のこの大会で優勝し、連覇を目指しての出場。1回目は71m30と伸び悩んだが、2回目に73m91と自己記録を91cm更新すると、3回目にも72m98と好記録を並べる。後半は記録を伸ばせず、最終投てきでは74m01を放った王琦(中国)に逆転を許したものの、世界陸連(WA)の大会カテゴリー「C」に分類される大会で結果を残した。 高校時代から全国のトップで活躍し、日大では前日本記録保持者・室伏重信氏のアドバイスを受けて才能を花開かせた。昨年は日本選手権で2年ぶり2度目の優勝を飾り、アジア選手権では銅メダルを獲得。今季は5月の静岡国際で73m00を投げて優勝するなど、安定感も出てきており、日本の第一人者としての地位を固めつつある。 今大会では優勝こそ逃したが、パリ五輪に向けて貴重なポイントを獲得。6月末の日本選手権でさらに記録を伸ばして優勝できれば、五輪出場の可能性も広がってくる。 また、同種目には柏村亮太(ヤマダホールディングス)も出場し、71m76で3位。女子円盤投では郡菜々佳(サトウ食品新潟アルビレックスRC)が55m33の2位、齋藤真希(東海大院)が54m73で3位に入った。 2日目には男女のやり投が行われる。

【動画】福田翔大の自己新スローをチェック!

男子ハンマー投日本歴代10傑

84.86 室伏広治(ミズノ)    2003. 6.29 75.96 室伏重信(中京大教)   1984. 7.15 74.08 土井宏昭(ファイテン)  2007. 6.16 73.91 福田翔大(住友電工)   2024. 6.14 72.92 柏村亮太(ヤマダホールディングス) 2023. 5. 3 72.47 海老原亘(三英社)    2000. 6.25 72.43 野口裕史(群馬綜合ガードシステム) 2013.10. 7 71.39 中川達斗(九州共立大M2) 2022. 9. 9 71.34 古旗崇裕(BUAC)     2022. 6.10 71.22 墨訓煕(小林クリエイト) 2022. 7.17

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

お詫びと訂正(月刊陸上競技2024年8月号付録 福岡インターハイ完全ガイド)

月刊陸上競技2024年8月号別冊付録、福岡インターハイ完全ガイドの内容に一部誤りがございました。 ●5ページに掲載した久保凛選手(東大阪大敬愛2)の種目で、男子800mとなっていますが、正しくは女子800mです。以下に正 […]

NEWS 株式会社メディカル・コンシェルジュが東京世界陸上とスポンサー契約締結 医療で大会サポートへ

2024.07.18

株式会社メディカル・コンシェルジュが東京世界陸上とスポンサー契約締結 医療で大会サポートへ

東京2025世界陸上財団は7月18日、株式会社メディカル・コンシェルジュ(東京都)とスポンサー契約を結んだと発表した。契約期間は25年12月21日までで、プリンシパルサポーターとサポーターの2区分からなる「東京2025世 […]

NEWS U20世界選手権代表が決定!久保凛、落合晃、ドルーリー朱瑛里、西岡尚輝ら男女40名が選出

2024.07.18

U20世界選手権代表が決定!久保凛、落合晃、ドルーリー朱瑛里、西岡尚輝ら男女40名が選出

日本陸連は7月18日、ペルー・リマで開催されるU20世界選手権の日本代表選手を発表。女子800mで1分59秒93の日本新記録を樹立した久保凛(東大阪大敬愛高2)、男子800m日本選手権覇者の落合晃(滋賀学園高3)ら男子2 […]

NEWS 110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top