HOME 駅伝

2024.05.16

NEWS
6月23日相模原で午後5時半スタート! 上位7校に出場権 全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会要項発表
6月23日相模原で午後5時半スタート! 上位7校に出場権 全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会要項発表

昨年の全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会

関東学連は5月16日、6月23日に行われる全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会の要項を発表した。

会場は神奈川県相模原市の相模原ギオンスタジアムで、午後5時半に1組目が始まり、最終の4組は午後7時半スタート。1校2名ずつの計4組で10000mのトラックレースを行い、8人の合計タイムの上位7校が出場権を得る。関東学連加盟校では、4年連続16度目の優勝を飾った駒大、青学大、國學院大、中大、城西大、創価大、大東大、東京国際大がシード権を獲得している。

選考会には出場を希望する大学の10000m8人の合計記録上位20校が出場できる。各校13人までエントリーが可能で、留学生は2人エントリーでき、1人のみが出走できる。

今回の選考会には今年1月の箱根駅伝で総合4位の東洋大や、昨年の本大会9位の東海大、同10位の早大、日本選手権10000mで日本人学生最高となる27分21秒52をマークしている前田和摩を擁する東農大などの出場が見込まれる。10000mで学生歴代3位のシャドラック・キップケメイがいる日大、注目のルーキーがそろう順大、帝京大も出場権を争う。

昨年の選考会は城西大がトップ通過し、前田が日本人トップと好走した東農大が14大会ぶりに出場権を獲得。帝京大は2大会ぶり、国士大が7大会ぶりに本戦出場を決め、明大や中央学大は連続出場が途絶えていた。

全日本大学駅伝は11月3日に名古屋・熱田神宮をスタートし、三重・伊勢神宮をフィニッシュとする8区間106.8kmで行われる。

関東学連は5月16日、6月23日に行われる全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会の要項を発表した。 会場は神奈川県相模原市の相模原ギオンスタジアムで、午後5時半に1組目が始まり、最終の4組は午後7時半スタート。1校2名ずつの計4組で10000mのトラックレースを行い、8人の合計タイムの上位7校が出場権を得る。関東学連加盟校では、4年連続16度目の優勝を飾った駒大、青学大、國學院大、中大、城西大、創価大、大東大、東京国際大がシード権を獲得している。 選考会には出場を希望する大学の10000m8人の合計記録上位20校が出場できる。各校13人までエントリーが可能で、留学生は2人エントリーでき、1人のみが出走できる。 今回の選考会には今年1月の箱根駅伝で総合4位の東洋大や、昨年の本大会9位の東海大、同10位の早大、日本選手権10000mで日本人学生最高となる27分21秒52をマークしている前田和摩を擁する東農大などの出場が見込まれる。10000mで学生歴代3位のシャドラック・キップケメイがいる日大、注目のルーキーがそろう順大、帝京大も出場権を争う。 昨年の選考会は城西大がトップ通過し、前田が日本人トップと好走した東農大が14大会ぶりに出場権を獲得。帝京大は2大会ぶり、国士大が7大会ぶりに本戦出場を決め、明大や中央学大は連続出場が途絶えていた。 全日本大学駅伝は11月3日に名古屋・熱田神宮をスタートし、三重・伊勢神宮をフィニッシュとする8区間106.8kmで行われる。

前回の選考会と本大会成績をチェック!

■関東学連推薦校選考会全成績 1位 城西大  3時間57分35秒40 2位 大東大  3時間57分50秒77 3位 東海大  3時間57分58秒89 4位 東京国際大3時間59分02秒86 5位 東農大  3時間59分20秒68 6位 帝京大  3時間59分34秒06 7位 国士大  3時間59分45秒19 ——以上、本大会出場—— 8位 立教大  3時間59分59秒49 9位 神奈川大 4時間0分07秒27 10位 明大   4時間0分20秒02 11位 麗澤大  4時間1分53秒78 12位 日大   4時間2分45秒74 13位 法大   4時間2分46秒17 14位 専大   4時間3分13秒98 15位 日体大  4時間3分23秒77 16位 山梨学大 4時間4分13秒48 17位 亜大   4時間4分30秒50 18位 駿河台大 4時間5分02秒70 中央学大 失格 芝浦工大 途中棄権 ■第55回全日本大学駅伝上位成績 1位 駒大   5時間9分00秒 2位 青学大  5時間12分34秒 3位 國學院大 5時間12分39秒 4位 中大   5時間12分49秒 5位 城西大  5時間17分23秒 6位 創価大  5時間18分21秒 7位 大東大  5時間19分21秒 8位 東京国際大5時間20分05秒     ——以上シード権獲得—— 9位 東海大  5時間21分54秒 10位 早大   5時間22分36秒 11位 順大   5時間22分50秒 12位 帝京大  5時間24分07秒 13位 東農大  5時間25分22秒 14位 東洋大  5時間26分33秒 15位 国士大  5時間31分32秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top