HOME 国内、日本代表、五輪
パリ五輪20km競歩代表に池田向希、濱西諒、古賀友太! 女子は藤井菜々子と岡田久美子 男女混合はWエントリーの岡田に川野将虎、高橋和生、柳井綾音が選出
パリ五輪20km競歩代表に池田向希、濱西諒、古賀友太! 女子は藤井菜々子と岡田久美子 男女混合はWエントリーの岡田に川野将虎、高橋和生、柳井綾音が選出

パリ五輪20km競歩の代表に内定した古賀友太、濱西諒、池田向希、藤井菜々子、岡田久美子

日本陸連は4月26日、8月に開催されるパリ五輪の競歩種目の代表内定選手を発表した。

代表に選ばれたのは今年2月の日本選手権20km競歩で優勝し、内定していた男子の池田向希(旭化成)、女子の藤井菜々子(エディオン)に6人を加えた8人。

男子20km競歩では選考会となった日本選手権で2位に入った濱西諒(サンベルクス)と同3位の古賀友太(大塚製薬)が順当に選出。濱西は大阪府出身の24歳。履正社高から明大に進み、国体やインカレなどで活躍し、日本選手権では日本歴代6位となる1時間17分42秒をマークしていた。一方の明大の1学年先輩にあたる古賀は昨年のブダペスト世界選手権に出場している。

男子20km競歩は前回の東京五輪で池田が2位、山西利和(愛知製鋼)が3位に入り、山西は19年、22年の世界選手権で連覇を飾るなど日本勢の活躍が続いていたが、昨年のブダペストでは古賀の12位が最高と苦戦。今回は長く世界大会に出場した山西や髙橋英輝(富士通)が選考会で敗れ世代交代も進むなか、世界一熾烈な代表争いを勝ち抜いた3人でメダル獲得を目指す。

女子20kmはベテランの岡田久美子(富士通)が新たに代表入り。五輪出場は16年リオ、21年東京に続く3回目となる。ブダペスト世界選手権をケガで欠場した後は引退も考えたというが、今年1月の元旦競歩(10km)で日本記録を樹立。そこから、日本選手権でも20kmに上手く対応し、1時間29分03秒とパリ五輪の参加標準記録を突破して2位に入っていた。また、女子については、世界ランキングなどにより追加で代表が決まる可能性を残している。

今大会から開催される男女混合競歩リレーには男女各2人が選ばれ、男子は川野将虎(旭化成)と高橋和生(ADワークグループ)、女子は岡田と柳井綾音(立命大)が選出。同種目は男女1人ずつが1チームとなり、マラソンと同じ42.195kmの距離を男子、女子、男子、女子と交互にリレーする。日本は4月の世界競歩チーム選手権の結果によって2枠を獲得していた。

日本陸連は4月26日、8月に開催されるパリ五輪の競歩種目の代表内定選手を発表した。 代表に選ばれたのは今年2月の日本選手権20km競歩で優勝し、内定していた男子の池田向希(旭化成)、女子の藤井菜々子(エディオン)に6人を加えた8人。 男子20km競歩では選考会となった日本選手権で2位に入った濱西諒(サンベルクス)と同3位の古賀友太(大塚製薬)が順当に選出。濱西は大阪府出身の24歳。履正社高から明大に進み、国体やインカレなどで活躍し、日本選手権では日本歴代6位となる1時間17分42秒をマークしていた。一方の明大の1学年先輩にあたる古賀は昨年のブダペスト世界選手権に出場している。 男子20km競歩は前回の東京五輪で池田が2位、山西利和(愛知製鋼)が3位に入り、山西は19年、22年の世界選手権で連覇を飾るなど日本勢の活躍が続いていたが、昨年のブダペストでは古賀の12位が最高と苦戦。今回は長く世界大会に出場した山西や髙橋英輝(富士通)が選考会で敗れ世代交代も進むなか、世界一熾烈な代表争いを勝ち抜いた3人でメダル獲得を目指す。 女子20kmはベテランの岡田久美子(富士通)が新たに代表入り。五輪出場は16年リオ、21年東京に続く3回目となる。ブダペスト世界選手権をケガで欠場した後は引退も考えたというが、今年1月の元旦競歩(10km)で日本記録を樹立。そこから、日本選手権でも20kmに上手く対応し、1時間29分03秒とパリ五輪の参加標準記録を突破して2位に入っていた。また、女子については、世界ランキングなどにより追加で代表が決まる可能性を残している。 今大会から開催される男女混合競歩リレーには男女各2人が選ばれ、男子は川野将虎(旭化成)と高橋和生(ADワークグループ)、女子は岡田と柳井綾音(立命大)が選出。同種目は男女1人ずつが1チームとなり、マラソンと同じ42.195kmの距離を男子、女子、男子、女子と交互にリレーする。日本は4月の世界競歩チーム選手権の結果によって2枠を獲得していた。

パリ五輪競歩種目代表をチェック!

男子20km 池田向希(旭化成) 濱西諒(サンベルクス) 古賀友太(大塚製薬) 女子20km 藤井菜々子(エディオン) 岡田久美子(富士通) 男女混合リレー 川野将虎(旭化成) 高橋和生(ADワークグループ) 岡田久美子(富士通) 柳井綾音(立命大)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top