HOME 国内、日本代表

2024.04.21

日本が男子20km団体で銀!日本が男子20km団体で銀!古賀友太が4位、銅メダルにあと3秒!丸尾知司9位、野田明宏13位で貢献/世界競歩チーム選手権
日本が男子20km団体で銀!日本が男子20km団体で銀!古賀友太が4位、銅メダルにあと3秒!丸尾知司9位、野田明宏13位で貢献/世界競歩チーム選手権

2024年日本選手権20km競歩で3位に入った古賀友太

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ)

世界競歩チーム選手権が行われ、シニア男子20kmで古賀友太(大塚製薬)が1時間19分54秒の4位に食い込んだ。優勝はペルセウス・カールストレーム(スウェーデン)で1時間18分49秒。2位、3位はスペイン勢が占め、ポール・マクグラスが1時間19分14秒で銀メダル、ディエゴ・ガルシア・カルレラが1時間19分51秒で銅メダルだった。

メダルまであと3秒。だが、パリ五輪代表をほぼ手中にしている古賀が、その前哨戦となる今大会で堂々たるレースを見せた。

序盤から先頭集団の中でじっくりとレースを進め、5kmを20分17秒、中間点を40分17秒で通過する。その後、先頭集団に動きが出ると、すかさず前へ。世界大会のメダル獲得経験豊富なカールストレームがリードする流れには後れを取ったが、15kmを丸尾知司(愛知製鋼)とともに1時間0分10秒の6位で通過した。

そこから踏ん張って順位を上げ、19kmでは4位に浮上。さらに上位選手の失格でメダルラインの3位となった。最後は、後方からガルシア・カルレラの猛追を受けて押しくもメダルを逃したが、昨年のブダペスト世界陸上で日本人最上位(12位)からさらなる進境を示した。

3年前の東京五輪は補欠という悔しさを味わい、課題だった歩型を改善するなど着実に力をつけてきた。2月の日本選手権で日本歴代8位、派遣設定記録(1時間19分30秒)を突破する1時間17分47秒をマーク。世界歴代3位の1時間16分51秒で2連覇を飾った池田向希(旭化成)、明大の先輩である2位(1時間17分42秒)の濱西諒(サンベルクス)に続いて3位を確保し、初の五輪代表入りへ大きく前進した。

パリでの目標は「メダルや入賞に絡んでいきたい」と語っていた古賀。大きな試金石となる今大会で、確かな結果をつかんだ。

日本勢は1時間20分23秒で9位に丸尾知司(愛知製鋼)、1時間21分16秒で13位に野田明宏(自衛隊体育学校)が続き、各国上位3名の順位合計で争う団体でスペインに次いで2位に入り、銀メダルを獲得した。

吉川絢斗(サンベルクス)は1時間21分35秒で18位、 古賀とともに五輪代表入りを確実にしている濱西は1時間26分04秒で52位にとどまった。

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、シニア男子20kmで古賀友太(大塚製薬)が1時間19分54秒の4位に食い込んだ。優勝はペルセウス・カールストレーム(スウェーデン)で1時間18分49秒。2位、3位はスペイン勢が占め、ポール・マクグラスが1時間19分14秒で銀メダル、ディエゴ・ガルシア・カルレラが1時間19分51秒で銅メダルだった。 メダルまであと3秒。だが、パリ五輪代表をほぼ手中にしている古賀が、その前哨戦となる今大会で堂々たるレースを見せた。 序盤から先頭集団の中でじっくりとレースを進め、5kmを20分17秒、中間点を40分17秒で通過する。その後、先頭集団に動きが出ると、すかさず前へ。世界大会のメダル獲得経験豊富なカールストレームがリードする流れには後れを取ったが、15kmを丸尾知司(愛知製鋼)とともに1時間0分10秒の6位で通過した。 そこから踏ん張って順位を上げ、19kmでは4位に浮上。さらに上位選手の失格でメダルラインの3位となった。最後は、後方からガルシア・カルレラの猛追を受けて押しくもメダルを逃したが、昨年のブダペスト世界陸上で日本人最上位(12位)からさらなる進境を示した。 3年前の東京五輪は補欠という悔しさを味わい、課題だった歩型を改善するなど着実に力をつけてきた。2月の日本選手権で日本歴代8位、派遣設定記録(1時間19分30秒)を突破する1時間17分47秒をマーク。世界歴代3位の1時間16分51秒で2連覇を飾った池田向希(旭化成)、明大の先輩である2位(1時間17分42秒)の濱西諒(サンベルクス)に続いて3位を確保し、初の五輪代表入りへ大きく前進した。 パリでの目標は「メダルや入賞に絡んでいきたい」と語っていた古賀。大きな試金石となる今大会で、確かな結果をつかんだ。 日本勢は1時間20分23秒で9位に丸尾知司(愛知製鋼)、1時間21分16秒で13位に野田明宏(自衛隊体育学校)が続き、各国上位3名の順位合計で争う団体でスペインに次いで2位に入り、銀メダルを獲得した。 吉川絢斗(サンベルクス)は1時間21分35秒で18位、 古賀とともに五輪代表入りを確実にしている濱西は1時間26分04秒で52位にとどまった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top