HOME 国内、大学

2024.04.06

400mH豊田兼が49秒38!「レースパターンが安定してきた」ハードル2種目でパリ五輪へ/東京六大学対校
400mH豊田兼が49秒38!「レースパターンが安定してきた」ハードル2種目でパリ五輪へ/東京六大学対校

24年東京六大学400mHで優勝した豊田兼

◇東京六大学対校陸上(4月6日/神奈川・慶大日吉キャンパス陸上競技場)

東京六大学対校が行われ、男子400mハードルは豊田兼(慶大)が49秒38で貫禄勝ちを収めた。

すでにパリ五輪参加標準記録(48秒70)を突破している豊田。これが400mハードル初戦で「練習のタイムからも49秒前半が出るというのはわかっていたので目標は達成できました」と振り返る。

前半こそ「久しぶりだったので」とゆったりしつつも、「走力がついて走れている感触があった」t言うように、バックストレートでグイグイと進み、中盤以降はやや「8台目が13歩は届かなくて、10台目は詰まってしまった」とハードルが安定せずも、大きく差を広げてフィニッシュした。

400mハードルでは昨年の日本インカレで優勝。110mハードルはワールドユニバーシティゲームズで日本人初優勝を果たし、13秒29(学生歴代3位)というパリ五輪参加標準記録まであと0.02秒の自己記録を持つ。

「2種目でパリ五輪を目指しています」。そのために、2、3月は110mハードルに注力。記録を狙った3月の豪州でのレースでは調子は良かったものの「木製のハードルに慣れていなかったこともあり、6台目で接触して転倒しました」。大事にはいたらなかったものの、右膝を打撲。それもあり、「ケガなく無事に走り終われて良かったです」とホッと胸をなで下ろした。

思惑通りには進まなかったが、2種目で五輪を目指す意思は変わらない。フランスは父の祖国。「モチベーションは上がります」。5月は400mハードルをメインにし、6月に110mハードルで記録を狙いにいく構え。そして、大一番の日本選手権は、前半の2日間で400mハードル、後半2日間に110mハードルが待つ。

「400mハードルでしっかり3位以内に入って、110mハードルは攻めたい」

パリ五輪は「大学に入った時から目指してきた」。稀代の二刀流ハードラーが、学生ラストイヤーで日本ハードル界の歴史を大きく動かすつもりだ。

◇東京六大学対校陸上(4月6日/神奈川・慶大日吉キャンパス陸上競技場) 東京六大学対校が行われ、男子400mハードルは豊田兼(慶大)が49秒38で貫禄勝ちを収めた。 すでにパリ五輪参加標準記録(48秒70)を突破している豊田。これが400mハードル初戦で「練習のタイムからも49秒前半が出るというのはわかっていたので目標は達成できました」と振り返る。 前半こそ「久しぶりだったので」とゆったりしつつも、「走力がついて走れている感触があった」t言うように、バックストレートでグイグイと進み、中盤以降はやや「8台目が13歩は届かなくて、10台目は詰まってしまった」とハードルが安定せずも、大きく差を広げてフィニッシュした。 400mハードルでは昨年の日本インカレで優勝。110mハードルはワールドユニバーシティゲームズで日本人初優勝を果たし、13秒29(学生歴代3位)というパリ五輪参加標準記録まであと0.02秒の自己記録を持つ。 「2種目でパリ五輪を目指しています」。そのために、2、3月は110mハードルに注力。記録を狙った3月の豪州でのレースでは調子は良かったものの「木製のハードルに慣れていなかったこともあり、6台目で接触して転倒しました」。大事にはいたらなかったものの、右膝を打撲。それもあり、「ケガなく無事に走り終われて良かったです」とホッと胸をなで下ろした。 思惑通りには進まなかったが、2種目で五輪を目指す意思は変わらない。フランスは父の祖国。「モチベーションは上がります」。5月は400mハードルをメインにし、6月に110mハードルで記録を狙いにいく構え。そして、大一番の日本選手権は、前半の2日間で400mハードル、後半2日間に110mハードルが待つ。 「400mハードルでしっかり3位以内に入って、110mハードルは攻めたい」 パリ五輪は「大学に入った時から目指してきた」。稀代の二刀流ハードラーが、学生ラストイヤーで日本ハードル界の歴史を大きく動かすつもりだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top