HOME 国内、大学

2024.04.06

早大ルーキー・林美希が鮮烈デビュー!100mH13秒49「少しずつ12秒台に近づきたい」/東京六大学対校
早大ルーキー・林美希が鮮烈デビュー!100mH13秒49「少しずつ12秒台に近づきたい」/東京六大学対校

24年東京六大学女子100mHを制した林美希

◇東京六大学対校陸上(4月6日/神奈川・慶大日吉キャンパス陸上競技場)

東京六大学対校が行われ、女子100mハードルは林美希(早大)が13秒49(+1.0)をマークして優勝した。

ゴールデンルーキーが鮮烈デビューを飾った。中京大中京高では100mハードルと七種競技でインターハイ2年連続2冠。鳴り物入りで名門へ進んだ林。これが初戦ながら、堂々のハードリングを見せた。

前半は「少し動きがバラバラでした」というが、「競ったお陰でリズムが良くなりました」と中盤からは鋭い走りで抜け出した。

これが大学に入って初戦。「あこがれの臙脂(えんじ)のユニフォーム」をまとい、応援合戦には「すごく気分も上がって集中できました」と笑顔を見せる。

この冬季で、「スピードが上がってきている」と手応えをつかむ林。今回の結果で「自己ベストが出せそう」な感触をつかめた。

1年目は「13秒3台を安定させて、狙える(条件の)時に13秒1台が出せれば」と見据える。大学では混成ではなくハードルで高みを目指していく。「12秒台はまだちょっと見えない。100m11秒台までスプリントを強化して、少しずつ12秒台に近づければ」と目を輝かせた。

この日は男子110mハードルで同じ愛知出身で同じクラブチーム(TSM)で育った西徹朗や、女子100mで女子主将の鷺麻耶子が優勝。頼もしい先輩の背中を追いかけ、目の前のハードルを一つずつ飛び越えていく。

◇東京六大学対校陸上(4月6日/神奈川・慶大日吉キャンパス陸上競技場) 東京六大学対校が行われ、女子100mハードルは林美希(早大)が13秒49(+1.0)をマークして優勝した。 ゴールデンルーキーが鮮烈デビューを飾った。中京大中京高では100mハードルと七種競技でインターハイ2年連続2冠。鳴り物入りで名門へ進んだ林。これが初戦ながら、堂々のハードリングを見せた。 前半は「少し動きがバラバラでした」というが、「競ったお陰でリズムが良くなりました」と中盤からは鋭い走りで抜け出した。 これが大学に入って初戦。「あこがれの臙脂(えんじ)のユニフォーム」をまとい、応援合戦には「すごく気分も上がって集中できました」と笑顔を見せる。 この冬季で、「スピードが上がってきている」と手応えをつかむ林。今回の結果で「自己ベストが出せそう」な感触をつかめた。 1年目は「13秒3台を安定させて、狙える(条件の)時に13秒1台が出せれば」と見据える。大学では混成ではなくハードルで高みを目指していく。「12秒台はまだちょっと見えない。100m11秒台までスプリントを強化して、少しずつ12秒台に近づければ」と目を輝かせた。 この日は男子110mハードルで同じ愛知出身で同じクラブチーム(TSM)で育った西徹朗や、女子100mで女子主将の鷺麻耶子が優勝。頼もしい先輩の背中を追いかけ、目の前のハードルを一つずつ飛び越えていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top