HOME 国内、駅伝

2024.04.01

学生トップランナー・鈴木芽吹&吉居大和が駅伝王者・トヨタ自動車に入社!「世界の舞台で活躍することを目標に」
学生トップランナー・鈴木芽吹&吉居大和が駅伝王者・トヨタ自動車に入社!「世界の舞台で活躍することを目標に」

学生時代から長距離界を盛り上げた鈴木芽吹と吉居大和がトヨタ自動車に加入した

トヨタ自動車陸上長距離部は4月1日、チームSNSで鈴木芽吹(駒大卒)と吉居大和(中大卒)が加入したことを発表した。

鈴木は静岡県熱海市出身。泉中から長野・佐久長聖高に進学し、中学時代から同年代トップクラスの選手として活躍し、高校1年の全国高校駅伝で日本一も経験した。インターハイでは2年で5000m11位の成績を残したほか、世界クロカンの代表にも選ばれている(大会は欠場)。

広告の下にコンテンツが続きます

駒大では1年から学生駅伝に出場し、箱根は5区を走りチーム13年ぶりの優勝に貢献。2年では東京五輪選考会となった日本選手権10000mで日本人学生歴代3位となる27分41秒68で3位に入り、日本トップクラスの選手へと成長した。その後ケガなどもあり、戦列を離れた時期もあったものの、出雲駅伝では3年、4年と連続区間賞を獲得。昨年はトラックでも5000m13分24秒55、10000m27分30秒69といずれも日本人学生歴代10位内(当時)に入るタイムを叩きだしている。

吉居も宮城・仙台育英高時代に全国高校駅伝で優勝を経験。個人ではインターハイ5000mで日本人トップの3位入賞を果たしている。鳴り物入りで入学した大学1年目には日本インカレ5000mで優勝を飾るなど実力を発揮。直後の日本選手権5000mでも当時のU20日本記録(13分25秒87)で3位に入った。

1年からには米国・バウワーマントラッククラブ(BTC)の練習に参加するなど、早くから世界を意識したトレーニングを積んでおり、国外のレースにも積極的に参加。昨年は日本代表としてWAロードランニング選手権にも出場した。

駅伝では2年時の箱根駅伝1区で今も区間記録として残る1時間00分40秒をマーク。3年次は出場した学生駅伝すべてで区間1位に輝くなど学生のトップランナーとして活躍してきた。

広告の下にコンテンツが続きます

鈴木はSNSで「日本を代表する選手となり世界の舞台で活躍することを目標にしながら、駅伝ではチームの力になれるように頑張っていきます」とコメント。両親もトヨタ自動車陸上部に所属し、地元の愛知県田原市に拠点を置くチームに“凱旋入社”となる吉居は「小さい頃からの憧れのチームの一員になれた事をすごく嬉しく思っています。トヨタ自動車長距離部の選手として相応しい結果を残せるように頑張っていきます。応援よろしくお願いします」と挨拶した。

トヨタ自動車の陸上長距離部は1985年に陸上部から独立するかたちで発足。00年シドニー、04年アテネ五輪では男子3000m障害の岩水嘉孝が出場し、21年東京五輪には服部勇馬がマラソンで出場を果たした。全日本実業団対抗駅伝では11年、15年、16年で優勝を飾り、今年1月には8年ぶり4度目の日本一に輝いている。

トヨタ自動車陸上長距離部は4月1日、チームSNSで鈴木芽吹(駒大卒)と吉居大和(中大卒)が加入したことを発表した。 鈴木は静岡県熱海市出身。泉中から長野・佐久長聖高に進学し、中学時代から同年代トップクラスの選手として活躍し、高校1年の全国高校駅伝で日本一も経験した。インターハイでは2年で5000m11位の成績を残したほか、世界クロカンの代表にも選ばれている(大会は欠場)。 駒大では1年から学生駅伝に出場し、箱根は5区を走りチーム13年ぶりの優勝に貢献。2年では東京五輪選考会となった日本選手権10000mで日本人学生歴代3位となる27分41秒68で3位に入り、日本トップクラスの選手へと成長した。その後ケガなどもあり、戦列を離れた時期もあったものの、出雲駅伝では3年、4年と連続区間賞を獲得。昨年はトラックでも5000m13分24秒55、10000m27分30秒69といずれも日本人学生歴代10位内(当時)に入るタイムを叩きだしている。 吉居も宮城・仙台育英高時代に全国高校駅伝で優勝を経験。個人ではインターハイ5000mで日本人トップの3位入賞を果たしている。鳴り物入りで入学した大学1年目には日本インカレ5000mで優勝を飾るなど実力を発揮。直後の日本選手権5000mでも当時のU20日本記録(13分25秒87)で3位に入った。 1年からには米国・バウワーマントラッククラブ(BTC)の練習に参加するなど、早くから世界を意識したトレーニングを積んでおり、国外のレースにも積極的に参加。昨年は日本代表としてWAロードランニング選手権にも出場した。 駅伝では2年時の箱根駅伝1区で今も区間記録として残る1時間00分40秒をマーク。3年次は出場した学生駅伝すべてで区間1位に輝くなど学生のトップランナーとして活躍してきた。 鈴木はSNSで「日本を代表する選手となり世界の舞台で活躍することを目標にしながら、駅伝ではチームの力になれるように頑張っていきます」とコメント。両親もトヨタ自動車陸上部に所属し、地元の愛知県田原市に拠点を置くチームに“凱旋入社”となる吉居は「小さい頃からの憧れのチームの一員になれた事をすごく嬉しく思っています。トヨタ自動車長距離部の選手として相応しい結果を残せるように頑張っていきます。応援よろしくお願いします」と挨拶した。 トヨタ自動車の陸上長距離部は1985年に陸上部から独立するかたちで発足。00年シドニー、04年アテネ五輪では男子3000m障害の岩水嘉孝が出場し、21年東京五輪には服部勇馬がマラソンで出場を果たした。全日本実業団対抗駅伝では11年、15年、16年で優勝を飾り、今年1月には8年ぶり4度目の日本一に輝いている。

【画像】トヨタの看板商品「レクサス」の前でポーズを取る鈴木と吉居

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

NEWS やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

2024.04.21

やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

いよいよ開幕した世界最高峰のダイヤモンドリーグだが、シーズンのスタートに先駆けて、公式YouTubeチャンネルで過去のパフォーマンスを紹介した。 男子棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)や、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top