HOME 駅伝

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”
川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

川嶋伸次氏(21年撮影)

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。

川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒をマークし、同年のシドニー五輪に出場した。翌年に現役を引退。

広告の下にコンテンツが続きます

その後は2002年から東洋大に出向するかたちで指導に当たると、2004年の箱根駅伝では同校19年ぶりに2年連続シード権獲得に導く。さらに2007年の箱根駅伝5位と躍進。2008年に部内の問題により引責辞任したが、その後に続く強豪校への礎を築いた。2009年4月から旭化成のコーチを務め、全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)では2017年から4連覇。3月末時点での退任と退社が発表されていた。

創価大駅伝部は「新しい指導体制のもと競技力の向上を目指して、一層の努力を重ねてまいります」とコメント。また、榎木監督は「現役時代を含め人生の岐路において様々な相談に乗っていただいた師が、総監督として共に進めることは本当に心強い」とSNSに綴っている。

創価大駅伝部は1972年に創部。箱根駅伝には2015年に初出場を果たす(20位)。2019年に中大OBの榎木和貴監督を招聘すると、20年の箱根駅伝では9位と初のシード権を獲得。21年には往路優勝、総合2位と躍進を遂げた。昨年度は出雲駅伝で2位入線(※その後、走者のドーピング違反が発覚して成績失効)。全日本大学駅伝は6位、今年の第100回箱根駅伝は8位となるなど、強豪校の仲間入りを果たしている。

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒をマークし、同年のシドニー五輪に出場した。翌年に現役を引退。 その後は2002年から東洋大に出向するかたちで指導に当たると、2004年の箱根駅伝では同校19年ぶりに2年連続シード権獲得に導く。さらに2007年の箱根駅伝5位と躍進。2008年に部内の問題により引責辞任したが、その後に続く強豪校への礎を築いた。2009年4月から旭化成のコーチを務め、全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)では2017年から4連覇。3月末時点での退任と退社が発表されていた。 創価大駅伝部は「新しい指導体制のもと競技力の向上を目指して、一層の努力を重ねてまいります」とコメント。また、榎木監督は「現役時代を含め人生の岐路において様々な相談に乗っていただいた師が、総監督として共に進めることは本当に心強い」とSNSに綴っている。 創価大駅伝部は1972年に創部。箱根駅伝には2015年に初出場を果たす(20位)。2019年に中大OBの榎木和貴監督を招聘すると、20年の箱根駅伝では9位と初のシード権を獲得。21年には往路優勝、総合2位と躍進を遂げた。昨年度は出雲駅伝で2位入線(※その後、走者のドーピング違反が発覚して成績失効)。全日本大学駅伝は6位、今年の第100回箱根駅伝は8位となるなど、強豪校の仲間入りを果たしている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを […]

NEWS カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

2024.04.21

カツバーグが84m38!男子ハンマー投で世界歴代9位の快投 ベドナレク9秒91、リンジーが好調テボゴ下す19秒71/WAコンチネンタルツアー

4月20日、ケニアで世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのキプケイノ・クラシックが開催され、男子ハンマー投ではブダペスト世界選手権金メダルのE.カツバーグ(カナダ)が世界歴代9位の84m38で優勝した。 現在2 […]

NEWS 王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

2024.04.21

王者デュプランティスがいきなり6m24世界新!女子1500mはツェガイ快勝 バルシム、リチャードソン破れる波乱/DL廈門

4月20日、ダイヤモンドリーグ(DL)の初戦が中国・廈門で開催され、男子棒高跳ではA.デュプランティス(スウェーデン)が自身の持つ世界記録を1cm更新するの6m24で優勝した。 デュプランティスは東京五輪、オレゴン、ブダ […]

NEWS ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

2024.04.21

ジェプチルチル2時間16分16秒!アセファ2時間16分23秒、4位までが女子単独レース世界新の超高速バトル/ロンドン・マラソン

第44回ロンドン・マラソンが4月21日に行われ、女子はペレス・ジェプチルチル(ケニア)が2時間16分16秒で優勝。2017年のこの大会でメアリー・ケイタニー(ケニア)が作った女子単独レース世界記録(2時間17分01秒)を […]

NEWS やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

2024.04.21

やり投・北口榛花のビッグスローと笑顔に再び脚光 ダイヤモンドリーグ公式が過去の投てきを紹介

いよいよ開幕した世界最高峰のダイヤモンドリーグだが、シーズンのスタートに先駆けて、公式YouTubeチャンネルで過去のパフォーマンスを紹介した。 男子棒高跳世界記録保持者のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)や、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top