HOME 国内

2024.02.04

日本人トップ下田裕太が見せた終盤の激走「負けたけどやりたいことはやれた」/別府大分毎日マラソン
日本人トップ下田裕太が見せた終盤の激走「負けたけどやりたいことはやれた」/別府大分毎日マラソン

下田裕太(GMOインターネットグループ)

◇第72回別府大分毎日マラソン(2月4日/大分・高崎山うみたまご前スタート~ジェイリーススタジアムフィニッシュの42.195km)

来年9月の東京世界選手権の代表選考につながるジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅣの第72回別府大分毎日マラソン大会が行われ、国内招待選手の下田裕太(GMOインターネットグループ)が日本人トップの2時間8分24秒(速報値)の2位に入った。

終盤で優勝した一般参加のワークナー・デレセ(ひらまつ病院/エチオピア)に逆転を許したものの、2位を死守。下田は「最低限のレース。日本人トップでは勝ち切れて良かったです」と安堵の表情を見せた。

30kmを1時間30分31秒で通過した後にペースメーカーが離脱。代わって集団を先導したのが下田だった。デレセやチームの後輩・岸本大紀、ベン・プライスナー(カナダ)を牽引する。「35kmまでイーブンペースで行こうと思った。余力がありました」。37kmでスパート。500mほどでデレセに抜かれて、さらには岸本やプライスナーにも追いつかれたが、再び力を振り絞って、39kmあたりで岸本たちを振り切った。

「結果的に負けたけど、やりたいことはやれました」。

青学大時代は箱根駅伝8区で3年連続区間賞。チーム総合4連覇(2015年~18年)のうち、3度優勝に貢献した。マラソンは早くから取り組み、19歳で迎えた2016年の東京で初挑戦。2時間11分34秒で日本人2番手(10位)となり、注目を集めた。

実業団に入ってからもマラソンに挑み、自己ベストは2020年の東京で出した2時間7分27秒。ただ、なかなか上位に絡むことがなかった。22年5月のオタワで3位に入っているものの、国内主要大会ではひとケタ順位がなく、昨年10月のパリ五輪マラソン代表選考レース・マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)は45位に終わっている。

「1年間とおして継続して練習できていたけど、MGCで良い結果を出せず悔しかったです。できるだけ早くマラソンを走りたいと思っていました」

11回目のマラソンとなった今大会は優勝と2時間6分台を狙って参戦。終盤にさしかかり、先頭集団は牽制からかペースダウンして、目標には届かなかったが、国内大会で初のトップ3位入りを果たした。

「ここまで良い結果を出せなかったが、東京世界陸上を目指せる位置まで立てたと思います」

春には2022年に結婚したタレントの金久保芽衣さんとの挙式が控えている下田。その前に一つの結果を残し、さらに世界を見据えて走り続けるつもりだ。

◇第72回別府大分毎日マラソン(2月4日/大分・高崎山うみたまご前スタート~ジェイリーススタジアムフィニッシュの42.195km) 来年9月の東京世界選手権の代表選考につながるジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅣの第72回別府大分毎日マラソン大会が行われ、国内招待選手の下田裕太(GMOインターネットグループ)が日本人トップの2時間8分24秒(速報値)の2位に入った。 終盤で優勝した一般参加のワークナー・デレセ(ひらまつ病院/エチオピア)に逆転を許したものの、2位を死守。下田は「最低限のレース。日本人トップでは勝ち切れて良かったです」と安堵の表情を見せた。 30kmを1時間30分31秒で通過した後にペースメーカーが離脱。代わって集団を先導したのが下田だった。デレセやチームの後輩・岸本大紀、ベン・プライスナー(カナダ)を牽引する。「35kmまでイーブンペースで行こうと思った。余力がありました」。37kmでスパート。500mほどでデレセに抜かれて、さらには岸本やプライスナーにも追いつかれたが、再び力を振り絞って、39kmあたりで岸本たちを振り切った。 「結果的に負けたけど、やりたいことはやれました」。 青学大時代は箱根駅伝8区で3年連続区間賞。チーム総合4連覇(2015年~18年)のうち、3度優勝に貢献した。マラソンは早くから取り組み、19歳で迎えた2016年の東京で初挑戦。2時間11分34秒で日本人2番手(10位)となり、注目を集めた。 実業団に入ってからもマラソンに挑み、自己ベストは2020年の東京で出した2時間7分27秒。ただ、なかなか上位に絡むことがなかった。22年5月のオタワで3位に入っているものの、国内主要大会ではひとケタ順位がなく、昨年10月のパリ五輪マラソン代表選考レース・マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)は45位に終わっている。 「1年間とおして継続して練習できていたけど、MGCで良い結果を出せず悔しかったです。できるだけ早くマラソンを走りたいと思っていました」 11回目のマラソンとなった今大会は優勝と2時間6分台を狙って参戦。終盤にさしかかり、先頭集団は牽制からかペースダウンして、目標には届かなかったが、国内大会で初のトップ3位入りを果たした。 「ここまで良い結果を出せなかったが、東京世界陸上を目指せる位置まで立てたと思います」 春には2022年に結婚したタレントの金久保芽衣さんとの挙式が控えている下田。その前に一つの結果を残し、さらに世界を見据えて走り続けるつもりだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top