HOME 国内

2024.01.19

山縣亮太「質の高い練習できている」東京五輪の悔しさを膝の手術乗り越えパリへ 自身の日本記録更新「行ける」
山縣亮太「質の高い練習できている」東京五輪の悔しさを膝の手術乗り越えパリへ 自身の日本記録更新「行ける」

オンラインで会見を開いた山縣亮太

男子100m日本記録(9秒95)保持者の山縣亮太(セイコー)がオンラインで会見を開き、昨シーズンの振り返りと冬季練習の現状、そしてパリ五輪イヤーへの思いを語った。

「例年の冬よりもスピードを保ちながら質の高い練習を継続できています。状態は悪くありません」と、順調をアピールする山縣。21年に日本記録を樹立して東京五輪に出場し、その後はパリ五輪を見据えて長く苦しんできた右膝の手術した。22年は試合に出場せず、昨年、実戦復帰している。

広告の下にコンテンツが続きます

「22、23年は思うように走れなかった」と言うも、最終戦となった鹿児島特別国体ではシーズンベストの10秒12まで記録を上げた。「その場でできるレースという意味では満足しています」と言い、「良い形で終われたので、この冬は流れを切らさずに冬季を積んできました」。

手術後は、高野大樹コーチらと「一から作り上げてきた」。この2年は「土台作り」がテーマで、身体作り、特に股関節の使い方や左右差などを見直し、エクササイズやフィジカルのレベルを上げてきたという。それに伴って走りも変化し、「技術改革」にも注力。もちろんプラス面ばかりではなく、「弾む感覚がない」と感じるなど、苦労も多かったと振り返る。無理にフォームを変えたのではなく、「身体の使い方が変化したからこそ、フォームやスタートからの飛び出しなど動きの変化につながった」。

ようやく「2021年以前の自分の感覚、技術と新しく取り組んできた部分がミックスされてきたい」と手応えをつかんでいる。マーク走でも「広めのストライドを楽に出せるようになった」と言い、スプリント練習でも「スピード感は上がっていて、昨年のシーズン中くらい」。さらに、ウエイトトレーニングでも「クリーンが120kg挙がるなど、9秒95を出した時と同じくらいまで戻ってきた」とも。

ただ、見据えているのは「実力をつけること」。自身が出した9秒95が「実力だとは思っていない」とし、この冬のタイム設定でも、9秒台をしっかり「実力」にするためのものにしてきた。そうしたなか、膝やケガとの向き合い方も「今のところ問題はない」が、「自分たちが求めるレベルまで練習をこなさないといけない。常にコンディションには気をつけていきたい」。世界のファイナルを目指すためには、そのギリギリの戦いを日々こなしていかなくてはならない。

広告の下にコンテンツが続きます

ただ、山縣はその域まで戻ってきた。

1月上旬から中旬まで沖縄で合宿し、この後は豪州など3月まで合宿を重ねていく予定。2月25日の鹿児島大崎での「2024 Japan Athlete Games in Osaki」の室内100mが2024年の“初戦”になりそうで、その後は「試合を挟みながら身体の状態を上げていきたい」とし、「3月くらいには納得のいく記録が出せれば」。パリ五輪の参加標準記録10秒00の突破、そしてポイントを重ねるためにも、早めに結果を求めていく。

「東京五輪が終わってから手術もしました。パリ五輪へ再スタートとしてイチからやって、いろいろな人が自分に関わってくれました。自分たちがやってきた取り組みを結果として残したい。それが一番のモチベーションです」

過去3度の五輪を経験してきた山縣も今年6月で32歳になる。「世界と戦うことを考えたら9秒台がスタートライン。そこに対する自信はいつもよりあります。僕は(日本記録更新まで)行けると思っています。2024年は『良かった』とスッキリできるシーズンにしたいです」。

広告の下にコンテンツが続きます

不屈の闘志で蘇ってきた山縣は、4度目のオリンピックで悲願のファイナルに向かって一歩ずつ進んでいく。

男子100m日本記録(9秒95)保持者の山縣亮太(セイコー)がオンラインで会見を開き、昨シーズンの振り返りと冬季練習の現状、そしてパリ五輪イヤーへの思いを語った。 「例年の冬よりもスピードを保ちながら質の高い練習を継続できています。状態は悪くありません」と、順調をアピールする山縣。21年に日本記録を樹立して東京五輪に出場し、その後はパリ五輪を見据えて長く苦しんできた右膝の手術した。22年は試合に出場せず、昨年、実戦復帰している。 「22、23年は思うように走れなかった」と言うも、最終戦となった鹿児島特別国体ではシーズンベストの10秒12まで記録を上げた。「その場でできるレースという意味では満足しています」と言い、「良い形で終われたので、この冬は流れを切らさずに冬季を積んできました」。 手術後は、高野大樹コーチらと「一から作り上げてきた」。この2年は「土台作り」がテーマで、身体作り、特に股関節の使い方や左右差などを見直し、エクササイズやフィジカルのレベルを上げてきたという。それに伴って走りも変化し、「技術改革」にも注力。もちろんプラス面ばかりではなく、「弾む感覚がない」と感じるなど、苦労も多かったと振り返る。無理にフォームを変えたのではなく、「身体の使い方が変化したからこそ、フォームやスタートからの飛び出しなど動きの変化につながった」。 ようやく「2021年以前の自分の感覚、技術と新しく取り組んできた部分がミックスされてきたい」と手応えをつかんでいる。マーク走でも「広めのストライドを楽に出せるようになった」と言い、スプリント練習でも「スピード感は上がっていて、昨年のシーズン中くらい」。さらに、ウエイトトレーニングでも「クリーンが120kg挙がるなど、9秒95を出した時と同じくらいまで戻ってきた」とも。 ただ、見据えているのは「実力をつけること」。自身が出した9秒95が「実力だとは思っていない」とし、この冬のタイム設定でも、9秒台をしっかり「実力」にするためのものにしてきた。そうしたなか、膝やケガとの向き合い方も「今のところ問題はない」が、「自分たちが求めるレベルまで練習をこなさないといけない。常にコンディションには気をつけていきたい」。世界のファイナルを目指すためには、そのギリギリの戦いを日々こなしていかなくてはならない。 ただ、山縣はその域まで戻ってきた。 1月上旬から中旬まで沖縄で合宿し、この後は豪州など3月まで合宿を重ねていく予定。2月25日の鹿児島大崎での「2024 Japan Athlete Games in Osaki」の室内100mが2024年の“初戦”になりそうで、その後は「試合を挟みながら身体の状態を上げていきたい」とし、「3月くらいには納得のいく記録が出せれば」。パリ五輪の参加標準記録10秒00の突破、そしてポイントを重ねるためにも、早めに結果を求めていく。 「東京五輪が終わってから手術もしました。パリ五輪へ再スタートとしてイチからやって、いろいろな人が自分に関わってくれました。自分たちがやってきた取り組みを結果として残したい。それが一番のモチベーションです」 過去3度の五輪を経験してきた山縣も今年6月で32歳になる。「世界と戦うことを考えたら9秒台がスタートライン。そこに対する自信はいつもよりあります。僕は(日本記録更新まで)行けると思っています。2024年は『良かった』とスッキリできるシーズンにしたいです」。 不屈の闘志で蘇ってきた山縣は、4度目のオリンピックで悲願のファイナルに向かって一歩ずつ進んでいく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top