HOME 国内

2023.12.26

25年東京世界陸上は150億円規模に スポンサーシップ契約は代理店介さず入札実施
25年東京世界陸上は150億円規模に スポンサーシップ契約は代理店介さず入札実施

国立競技場

一般財団法人東京2025世界陸上財団の第6回理事会が12月26日に都内で開かれた。

主な決議事項は財政計画(支出・収入)、スポンサーシップ販売方針などで、財政計画は150億円規模となることが発表された。

広告の下にコンテンツが続きます

発表済みの開催基本計画を元に進められ、「多くの人々に夢や希望を届ける」「今後の国際スポーツ大会のモデルを示す」というミッションを掲げられる。

支出の計画についてはアスリートがパフォーマンスを発揮できる環境作りを前提に、「サービスレベルの最適化、効率化」を図ってとりまとめられた。150億円のうち、仮説等30億円(大会運営のためのオーバーレイ、情報システム、ITインフラなど)、輸送等15億円(国内輸送、警備など)、オペレーション55億円(競技関連、会場、ボランティアなど)、管理・広報等45億円(人件費、チケット、メディア関連など)、予備費5億円と算出されている。

一方、収入の計画額150億円は、日本陸連負担が10億円、協賛金・寄付金が30億円、チケット収入30億円、その他80億円としている。チケットについては理事会でも「みんなで頑張らないといけない数字」という言葉も出たように、「フルスタジアム(満員)」にするための取り組みが求められる。チケット代の設定などはこれからになる。その他80億円については、国と東京都による支援を要望していく。

協賛金・寄付金の30億円規模は、「前回の大阪大会(2007年)と同等規模」となる。「公正・公平・透明」の観点から、スポンサーシップ販売方針は公募により入札を実施。1カテゴリー(業種)1社で、3億円以上が「公式プリンシパルサポーター」、1億円以上が「公式サポーター」と区分けされる。なお、特定の代理店を置かないことを示しており、スポンサーシップ販売についても財団による「直接販売」で対応していく。

広告の下にコンテンツが続きます

また、大会プログラムの電子化の方向性も示され、「環境への取り組みとして、極力ペーパレス化」するとともに、「予算上の制約もあるので優先順位をつけながら取り組んでいく」構えだ。

東京世界選手権は1991年に続いて2度目。大会日程は2025年9月13日(土)~21日(日)の9日間となっている。

一般財団法人東京2025世界陸上財団の第6回理事会が12月26日に都内で開かれた。 主な決議事項は財政計画(支出・収入)、スポンサーシップ販売方針などで、財政計画は150億円規模となることが発表された。 発表済みの開催基本計画を元に進められ、「多くの人々に夢や希望を届ける」「今後の国際スポーツ大会のモデルを示す」というミッションを掲げられる。 支出の計画についてはアスリートがパフォーマンスを発揮できる環境作りを前提に、「サービスレベルの最適化、効率化」を図ってとりまとめられた。150億円のうち、仮説等30億円(大会運営のためのオーバーレイ、情報システム、ITインフラなど)、輸送等15億円(国内輸送、警備など)、オペレーション55億円(競技関連、会場、ボランティアなど)、管理・広報等45億円(人件費、チケット、メディア関連など)、予備費5億円と算出されている。 一方、収入の計画額150億円は、日本陸連負担が10億円、協賛金・寄付金が30億円、チケット収入30億円、その他80億円としている。チケットについては理事会でも「みんなで頑張らないといけない数字」という言葉も出たように、「フルスタジアム(満員)」にするための取り組みが求められる。チケット代の設定などはこれからになる。その他80億円については、国と東京都による支援を要望していく。 協賛金・寄付金の30億円規模は、「前回の大阪大会(2007年)と同等規模」となる。「公正・公平・透明」の観点から、スポンサーシップ販売方針は公募により入札を実施。1カテゴリー(業種)1社で、3億円以上が「公式プリンシパルサポーター」、1億円以上が「公式サポーター」と区分けされる。なお、特定の代理店を置かないことを示しており、スポンサーシップ販売についても財団による「直接販売」で対応していく。 また、大会プログラムの電子化の方向性も示され、「環境への取り組みとして、極力ペーパレス化」するとともに、「予算上の制約もあるので優先順位をつけながら取り組んでいく」構えだ。 東京世界選手権は1991年に続いて2度目。大会日程は2025年9月13日(土)~21日(日)の9日間となっている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.26

「ここが自分の最高地点じゃない」2時間6分18秒!衝撃の初マラソン初V飾った國學院大・平林清澄 世界へ意欲/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

2024.02.26

パリ五輪代表・小山直城は日本歴代9位2時間6分33秒&経験の「収穫」と「反省」の3位「現状の力は出し切れた」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS 山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

2024.02.26

山口智規が井川龍人との「早大対決」制す!先輩大迫傑と同じ大学2年生Vで「これをステップに」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われた。シニア男子 […]

NEWS 女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

2024.02.26

女子は酒井美玖が地元V!「世界で通用する選手になるためにもここで優勝したいと思っていた」/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、49人が出走 […]

NEWS 衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top