HOME 駅伝

2023.11.18

京産大8年ぶり33回目の優勝 1区から首位譲らず全中継所トップ通過の快勝 2位は関大 オープン参加の青学大は4位相当/丹後大学駅伝
京産大8年ぶり33回目の優勝 1区から首位譲らず全中継所トップ通過の快勝 2位は関大 オープン参加の青学大は4位相当/丹後大学駅伝

1区区間賞に輝いた京産大・粟井駿平(23年箱根駅伝予選会)

丹後大学駅伝(第85回関西学生駅伝)は11月18日、京都府の宮津市の宮津市民体育館をスタートし、京丹後市の京丹後はごろも陸上競技場をフィニッシュとする8区間74.4kmで行われ、京産大が3時間48分08秒で8年ぶり33回目の優勝を果たした。

京産大は1区(9.9km)の粟井駿平(3年)が29分49秒で区間賞発進。さらに、10月14日の箱根駅伝予選会でチームトップだった小嶋郁依斗(3年)が最長区間の2区(11.8km)を35分16秒の区間賞で走破し、2位に1分16秒リードした。

その後も、中盤で後続との差を広げ、5区終了時点で2位に1分51秒リード。7区で38秒差まで迫られたものの、8区(10.4km)のアンカー・中村光稀(3年)が31分18秒の区間賞で締めた。

今年は出雲駅伝や全日本大学駅伝に出られなかったが、第100回大会記念として出場した箱根駅伝予選会では、関東を除く最上位の27位。その総合力を関西学生ナンバーワンチームを決める舞台で見事に発揮した。

2位は3時間49分34秒で関大。7区(11.4km)の亀田仁一路(4年)が34分12秒の区間賞で5位から3人抜き。京産大との差も2分07秒詰めた。3位は3時間49分56秒で立命大だった。

上位10校には次回大会のシード権が与えられ、優勝した京産大は、来年の出雲駅伝出場権を獲得。また、クラウドファンディングでオープン参加した青学大は3時間50分12秒で、4位相当だった。

今回は前回から大幅にコースが変更され、区間数は変わらないものの、総距離が84.5kmから74.4kmに短縮。出雲駅伝を想定した短距離区間も設けられた。

丹後大学駅伝(第85回関西学生駅伝)は11月18日、京都府の宮津市の宮津市民体育館をスタートし、京丹後市の京丹後はごろも陸上競技場をフィニッシュとする8区間74.4kmで行われ、京産大が3時間48分08秒で8年ぶり33回目の優勝を果たした。 京産大は1区(9.9km)の粟井駿平(3年)が29分49秒で区間賞発進。さらに、10月14日の箱根駅伝予選会でチームトップだった小嶋郁依斗(3年)が最長区間の2区(11.8km)を35分16秒の区間賞で走破し、2位に1分16秒リードした。 その後も、中盤で後続との差を広げ、5区終了時点で2位に1分51秒リード。7区で38秒差まで迫られたものの、8区(10.4km)のアンカー・中村光稀(3年)が31分18秒の区間賞で締めた。 今年は出雲駅伝や全日本大学駅伝に出られなかったが、第100回大会記念として出場した箱根駅伝予選会では、関東を除く最上位の27位。その総合力を関西学生ナンバーワンチームを決める舞台で見事に発揮した。 2位は3時間49分34秒で関大。7区(11.4km)の亀田仁一路(4年)が34分12秒の区間賞で5位から3人抜き。京産大との差も2分07秒詰めた。3位は3時間49分56秒で立命大だった。 上位10校には次回大会のシード権が与えられ、優勝した京産大は、来年の出雲駅伝出場権を獲得。また、クラウドファンディングでオープン参加した青学大は3時間50分12秒で、4位相当だった。 今回は前回から大幅にコースが変更され、区間数は変わらないものの、総距離が84.5kmから74.4kmに短縮。出雲駅伝を想定した短距離区間も設けられた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top