HOME 駅伝

2023.11.05

準優勝の青学大 原晋監督 駒大は「史上最強軍団」も2019年度と同じ5位→2位から箱根駅伝V目指す/全日本大学駅伝
準優勝の青学大 原晋監督 駒大は「史上最強軍団」も2019年度と同じ5位→2位から箱根駅伝V目指す/全日本大学駅伝

23年全日本大学駅伝2区で従来の区間記録を上回るタイムで好走した青学大・黒田朝日(左)。右は3区佐藤一世

◇第55回全日本大学駅伝(11月5日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、駒大が5時間09分00秒で4連覇を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

2位には5時間12分34秒で青学大が入った。タイトル奪還とはいかなかったが、伊勢路で3年連続トップ3。原晋監督は「準優勝ですから」と選手を称えつつ、「他大学を含めて駒大に先頭を行かせてはダメですね」と振り返る。

見せ場は作った。1区の若林宏樹(3年)は途中飛び出して先頭をひた走る場面も。最終的には区間8位ながら積極性が光った。2区の黒田朝日(2年)は区間新で区間2位と好走。これには原監督も「箱根駅伝では2区でも山上りでも、どこで使っても区間賞争いができるランナー」と高く評価した。

その後も区間ふたケタはない安定感を見せつつも、エース不在の中で流れを大きく変えることはできなかった。鶴川正也、野村昭夢(ともに3年)は「出雲駅伝の後に痛みが出て大事をとった」のも影響は小さくない。ただ、駅伝デビューで6区区間3位の荒巻朋熙(2年)は「立派」と言うように光もあった。

「チーム全体として戦っていく。底上げはできている」と指揮官。もちろん、「駒大は強い。留学生を入れたらニューイヤー駅伝でも優勝できるのでは。学生駅伝の史上最強軍団と言えます」とライバルを称えつつ、出雲駅伝5位、全日本大学駅伝2位から箱根を制した2019年度を倣って、「箱根仕様に仕上げて箱根駅伝は優勝目指したい」と力強く前を向いた。

広告の下にコンテンツが続きます
◇第55回全日本大学駅伝(11月5日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km) 大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、駒大が5時間09分00秒で4連覇を飾った。 2位には5時間12分34秒で青学大が入った。タイトル奪還とはいかなかったが、伊勢路で3年連続トップ3。原晋監督は「準優勝ですから」と選手を称えつつ、「他大学を含めて駒大に先頭を行かせてはダメですね」と振り返る。 見せ場は作った。1区の若林宏樹(3年)は途中飛び出して先頭をひた走る場面も。最終的には区間8位ながら積極性が光った。2区の黒田朝日(2年)は区間新で区間2位と好走。これには原監督も「箱根駅伝では2区でも山上りでも、どこで使っても区間賞争いができるランナー」と高く評価した。 その後も区間ふたケタはない安定感を見せつつも、エース不在の中で流れを大きく変えることはできなかった。鶴川正也、野村昭夢(ともに3年)は「出雲駅伝の後に痛みが出て大事をとった」のも影響は小さくない。ただ、駅伝デビューで6区区間3位の荒巻朋熙(2年)は「立派」と言うように光もあった。 「チーム全体として戦っていく。底上げはできている」と指揮官。もちろん、「駒大は強い。留学生を入れたらニューイヤー駅伝でも優勝できるのでは。学生駅伝の史上最強軍団と言えます」とライバルを称えつつ、出雲駅伝5位、全日本大学駅伝2位から箱根を制した2019年度を倣って、「箱根仕様に仕上げて箱根駅伝は優勝目指したい」と力強く前を向いた。

青学大の全日本大学駅伝メンバーの成績をチェック!

1区 若林宏樹(3年) 区間8位 27分27秒 2区 黒田朝日(2年) 区間2位 31分09秒=区間新 3区 佐藤一世(4年) 区間8位 34分23秒 4区 小原 響(4年) 区間7位 35分08秒 5区 山内健登(4年) 区間4位 36分12秒 6区 荒巻朋熙(2年) 区間3位 37分32秒 7区 太田蒼生(3年) 区間5位 51分41秒 8区 田中悠登(3年) 区間3位 58分55秒 補欠:宇田川瞬矢(2年)、神田大地(2年)、塩出翔太(2年)、鳥井健太(1年)、平松享祐(1年)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

3000m障害三浦龍司は8分21秒74で14位 DL2大会連続入賞ならず 王者・エル・バッカリがV /DLマラケシュ

ダイヤモンドリーグ(DL)第4戦マラケシュ大会が5月19日にモロッコで行われ、男子3000m障害に出場した三浦龍司(SUBARU)は8分21秒74で14位に入った。 10日のDLドーハからの連戦となったこの日は、スタート […]

NEWS 200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top