HOME 国内、大学

2023.11.05

慶大107代目主将に二刀流ハードラーの豊田兼「常に競技力で部員を引っ張る」400mHでパリ五輪標準突破済み
慶大107代目主将に二刀流ハードラーの豊田兼「常に競技力で部員を引っ張る」400mHでパリ五輪標準突破済み

豊田兼(慶大)

慶大競走部が部のホームページを更新し、来年度の新体制となる107代幹部を発表した。

10月28日に新幹部の就任式が行われ、主将には豊田兼が就任した。豊田は桐朋高(東京)出身。110m、400mの両ハードル主戦場とし、195cmの長身とスプリント力が特徴で、今季は110mハードルでワールドユニバーシティゲームズにおいてこの種目世界大会日本人初優勝の快挙を成し遂げた。記録的にも予選で13秒29(学生歴代3位)をマークし、パリ五輪参加標準記録(13秒27)にあと0.02秒に迫っている。

さらに秋には400mハードルで記録を狙うと、日本インカレで自己新を連発して優勝(※小川大輝・東洋大と同時優勝)すると、アスレティックスチャレンジカップ(新潟)では日本歴代6位の48秒47をマーク。パリ五輪参加標準記録(48秒70)を突破した。日本選手権リレーの4×100mリレーではアンカーを務め83年ぶりの日本一に貢献している。

今年9月にはセイコーとサポート契約を締結したことを発表。大学の先輩で男子100m日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)らが所属する「Team Seiko」の一員となった。

豊田は「主将として、第一に考えるのは結果を出すこと。常に競技力で部員を引っ張る競走部の顔であることを心がけます」と意気込みを綴り、「個人としては入部時に掲げたオリンピックの舞台で戦うという目標を達成したいです。4年間の集大成をお見せできればと思います」とコメントしている。

男子短距離の三輪颯太、女子中距離の仲子綾乃が副主将を務める。

慶大競走部が部のホームページを更新し、来年度の新体制となる107代幹部を発表した。 10月28日に新幹部の就任式が行われ、主将には豊田兼が就任した。豊田は桐朋高(東京)出身。110m、400mの両ハードル主戦場とし、195cmの長身とスプリント力が特徴で、今季は110mハードルでワールドユニバーシティゲームズにおいてこの種目世界大会日本人初優勝の快挙を成し遂げた。記録的にも予選で13秒29(学生歴代3位)をマークし、パリ五輪参加標準記録(13秒27)にあと0.02秒に迫っている。 さらに秋には400mハードルで記録を狙うと、日本インカレで自己新を連発して優勝(※小川大輝・東洋大と同時優勝)すると、アスレティックスチャレンジカップ(新潟)では日本歴代6位の48秒47をマーク。パリ五輪参加標準記録(48秒70)を突破した。日本選手権リレーの4×100mリレーではアンカーを務め83年ぶりの日本一に貢献している。 今年9月にはセイコーとサポート契約を締結したことを発表。大学の先輩で男子100m日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)らが所属する「Team Seiko」の一員となった。 豊田は「主将として、第一に考えるのは結果を出すこと。常に競技力で部員を引っ張る競走部の顔であることを心がけます」と意気込みを綴り、「個人としては入部時に掲げたオリンピックの舞台で戦うという目標を達成したいです。4年間の集大成をお見せできればと思います」とコメントしている。 男子短距離の三輪颯太、女子中距離の仲子綾乃が副主将を務める。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

ユニクロが公式サイトビジュアルをリニューアル!パリ五輪選考の日本選手権へ「今年は、私たちがやってやる!」

ユニクロ女子陸上競技部は6月24日、同部公式サイトのトップページビジュアルをリニューアルした。 2024年度に新メンバーが加わり、「今年は、私たちがやってやる!」という燃え上がる選手たちの闘志をイメージ。その下にはチーム […]

NEWS 東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top