HOME 駅伝

2023.11.05

4連覇目指す駒大・赤津勇進が1区区間賞!「落ち着いて走れた」早大、中大、創価大と続く/全日本大学駅伝
4連覇目指す駒大・赤津勇進が1区区間賞!「落ち着いて走れた」早大、中大、創価大と続く/全日本大学駅伝

23年全日本大学駅伝1区で区間賞を獲得した駒大の赤津勇進(右)

◇第55回全日本大学駅伝(11月5日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、1区は駒大の赤津勇進(4年)が27分19秒(速報値)で区間賞を獲得した。

最初の1kmは2分45秒。その後はややペースが落ち着いたものの、4km過ぎに青学大の若林宏樹(3年)が飛び出す。若林は5kmを14分22秒で通過し、7kmを20分12秒で通過した頃には2位集団と16秒もの差がついた。

残り2kmを切って若林のペースが鈍り、2位集団との差がどんどん縮まっていく。9km過ぎに早大の間瀬田純平(2年)がスパートを仕掛けて抜け出したものの、最後は後方から猛追した赤津が先頭で中継所に到着した。

間瀬田が1秒差で区間2位。中大の吉居駿恭(2年)が3位で続き、積極的な走りを見せた若林は先頭と8秒差の8位でつないだ。1位から9位までが11秒差と、僅差でなだれ込んでいる。

赤津は2度目の学生駅伝出場で初の区間賞。「走る前は緊張していましたが、監督や総監督に『ついていくだけでいい』と言われてリラックスして走れました」と喜んだ。

駒大は3連覇中で、今大会で勝てば2011~14年に続く4連覇。目標に掲げる「2年連続3冠」へリーチをかける。

◇第55回全日本大学駅伝(11月5日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km) 大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われ、1区は駒大の赤津勇進(4年)が27分19秒(速報値)で区間賞を獲得した。 最初の1kmは2分45秒。その後はややペースが落ち着いたものの、4km過ぎに青学大の若林宏樹(3年)が飛び出す。若林は5kmを14分22秒で通過し、7kmを20分12秒で通過した頃には2位集団と16秒もの差がついた。 残り2kmを切って若林のペースが鈍り、2位集団との差がどんどん縮まっていく。9km過ぎに早大の間瀬田純平(2年)がスパートを仕掛けて抜け出したものの、最後は後方から猛追した赤津が先頭で中継所に到着した。 間瀬田が1秒差で区間2位。中大の吉居駿恭(2年)が3位で続き、積極的な走りを見せた若林は先頭と8秒差の8位でつないだ。1位から9位までが11秒差と、僅差でなだれ込んでいる。 赤津は2度目の学生駅伝出場で初の区間賞。「走る前は緊張していましたが、監督や総監督に『ついていくだけでいい』と言われてリラックスして走れました」と喜んだ。 駒大は3連覇中で、今大会で勝てば2011~14年に続く4連覇。目標に掲げる「2年連続3冠」へリーチをかける。

■1区(9.5km)区間上位成績

27分19秒 赤津勇進(駒大4) 27分20秒 間瀬田純平(早大2) 27分22秒 吉居駿恭(中大2) 27分25秒 織橋 巧(創価大1) 27分26秒 佐竹勇樹(大東大4)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top