HOME 海外

2023.09.10

英国が誇る「サー」モハメド・ファラーがグレート・ノース・ランで現役引退 五輪2大会連続2冠の偉業 「走ることが私のすべてだった」
英国が誇る「サー」モハメド・ファラーがグレート・ノース・ランで現役引退 五輪2大会連続2冠の偉業 「走ることが私のすべてだった」

モハメド・ファラー(17年ロンドン世界陸上) 写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

英国伝統のロードレース「グレート・ノース・ラン」が9月10日に行われ、このレースを最後に同国をレジェンド、「サー」モハメド・ファラーが現役を引退した。

大歓声に包まれながら1時間3分28秒(速報値)の4位でフィニッシュし、その輝かしいキャリアを終えた。

ソマリア出身の40歳。欧州の舞台をステップに、世界トップランナーへと上り詰めた。

2011年テグ世界選手権5000mで世界大会初の金メダル獲得。翌12年のロンドン五輪で5000m、10000mの2冠に輝くと、その後の13年モスクワ世界選手権、15年北京世界選手権、16年リオ五輪まで、両種目を連覇する偉業を成し遂げた。序盤は後方に待機してレースの流れを見極め、勝負どころでは必ず先頭に顔を出す。残り1周の類まれなスパートがあるからこその戦略で、常にライバルたちを圧倒した。

リオ五輪の功績を称え、ナイト(騎士)の爵位を授与。「サー」と呼ばれるようなる。

17年ロンドン世界選手権でも10000mで、エチオピア、ケニア勢の包囲網をものともせず、代名詞のスパートで金メダルに輝き、地元ファンを熱狂させている。5000mでは銀メダルにとどまり、連続2冠は途切れたものの、そのキャリアが色褪せることはない。

その後、マラソンに進出し、18年10月のシカゴを生涯ベストとなる2時間5分11秒で制した。ただ、度重なるケガの影響もあり、ロードではトラックのような華々しい結果を残すことはできなかった。

ファラーはレース後のインタビューで、これまでの競技を振り返り、「今日は走りながらいろんなことが頭の中を駆け巡った。この大会では6回優勝たしているので、ここでキャリアを終えたかった。走ることは私のすべてだった」と答えた。

英国伝統のロードレース「グレート・ノース・ラン」が9月10日に行われ、このレースを最後に同国をレジェンド、「サー」モハメド・ファラーが現役を引退した。 大歓声に包まれながら1時間3分28秒(速報値)の4位でフィニッシュし、その輝かしいキャリアを終えた。 ソマリア出身の40歳。欧州の舞台をステップに、世界トップランナーへと上り詰めた。 2011年テグ世界選手権5000mで世界大会初の金メダル獲得。翌12年のロンドン五輪で5000m、10000mの2冠に輝くと、その後の13年モスクワ世界選手権、15年北京世界選手権、16年リオ五輪まで、両種目を連覇する偉業を成し遂げた。序盤は後方に待機してレースの流れを見極め、勝負どころでは必ず先頭に顔を出す。残り1周の類まれなスパートがあるからこその戦略で、常にライバルたちを圧倒した。 リオ五輪の功績を称え、ナイト(騎士)の爵位を授与。「サー」と呼ばれるようなる。 17年ロンドン世界選手権でも10000mで、エチオピア、ケニア勢の包囲網をものともせず、代名詞のスパートで金メダルに輝き、地元ファンを熱狂させている。5000mでは銀メダルにとどまり、連続2冠は途切れたものの、そのキャリアが色褪せることはない。 その後、マラソンに進出し、18年10月のシカゴを生涯ベストとなる2時間5分11秒で制した。ただ、度重なるケガの影響もあり、ロードではトラックのような華々しい結果を残すことはできなかった。 ファラーはレース後のインタビューで、これまでの競技を振り返り、「今日は走りながらいろんなことが頭の中を駆け巡った。この大会では6回優勝たしているので、ここでキャリアを終えたかった。走ることは私のすべてだった」と答えた。

ファラーの自己ベスト&世界大会成績

1500m   3分28秒81 5000m   12分53秒11 10000m  26分46秒57 ハーフ  59分32秒 マラソン 2時間5分11秒 ●世界大会成績 07年大阪世界選手権   5000m6位 09年ベルリン世界選手権 5000m7位 11年テグ世界選手権   5000m金、10000m銀 12年ロンドン五輪    5000m金、10000m金 13年モスクワ世界選手権 5000m金、10000m金 15年北京世界選手権   5000m金、10000m金 16年リオ五輪      5000m金、10000m金 17年ロンドン世界選手権 5000m銀、10000m金

【動画】笑顔でラストランを終えたファラー

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top