HOME インターハイ男子100m優勝者
男子  女子 

 

年度 記録 名前 所属 都道府県
76 2023年 10.73 黒木海翔 東福岡 福岡
75 2022年 10.38 関口裕太 東京学館新潟 新潟
74 2021年 10.31 栁田大輝 東農大二 群馬
73 2020年 ―中止―
72 2019年 10.19 鵜澤飛羽 築館 宮城
71 2018年 10.43 塚本ジャスティン惇平 城西 東京
70 2017年 10.51 宮本大輔 洛南 京都
69 2016年 10.61 宮本大輔 洛南 京都
68 2015年 10.29 大嶋健太 東京 東京
67 2014年 10.64 大嶋健太 東京 東京
66 2013年 10.19 桐生祥秀 洛南 京都
65 2012年 10.47 大瀨戸一馬 小倉東 福岡
64 2011年 10.50 梨本真輝 市船橋 千葉
63 2010年 10.66 九鬼 巧 和歌山北 和歌山
62 2009年 10.44 九鬼 巧 和歌山北 和歌山
61 2008年 10.49 本塩 遼 那須拓陽 栃木
60 2007年 10.56 小林雄一 保善 東京
59 2006年 10.41 後藤乃毅 春日部 埼玉
58 2005年 10.71 石塚祐輔 土浦三 茨城
57 2004年 10.59 佐分慎弥 荏田 神奈川
56 2003年 10.32 塚原直貴 東海大三 長野
55 2002年 10.30 相川誠也 市立船橋 千葉
54 2001年 10.53 上野政英 野々市明倫 石川
53 2000年 10.50 茂木貴志 伊奈総合 埼玉
52 1999年 10.60 北村和也 佐賀北 佐賀
51 1998年 10.58 池ノ谷智 埼玉栄 埼玉
50 1997年 10.59 宮田貴志 郡山 福島
49 1996年 10.59 川畑伸吾 鹿児島城西 鹿児島
48 1995年 10.50 西川康秀 函館大有斗 北海道
47 1994年 10.24 髙橋和裕 添上 奈良
46 1993年 10.45 海老沢雅人 日立商 茨城
45 1992年 10.33w 中井義人 大阪 大阪
44 1991年 10.30 荒川岳士 宇都宮束 栃木
43 1990年 10.49 宮田英明 東農大二 群馬
42 1989年 10.66 井上 悟 清風 大阪
41 1988年 10.37 杉本龍勇 浜松北 静岡
40 1987年 10.90 大沢知宏 松山 埼玉
39 1986年 10.96 名倉雅弥 坂戸西 埼玉
38 1985年 10.59 菊池勝彦 釜石南 岩手
37 1984年 10.75 菊池勝彦 釜石南 岩手
36 1983年 10.46 不破弘樹 東農大二 群馬
35 1982年 10.49 米内 聡 青森南 青森
34 1981年 10.87 北尾定則 新田 愛媛
33 1980年 10.78 吉国孝之 浜松北 静岡
32 1979年 10.57 都筑政則 水戸工 茨城
31 1978年 10.68 都筑政則 水戸工 茨城
30 1977年 10.82 寺田光男 浜松商 静岡
29 1976年 10.84 菊地昭彦 秋田商 秋田
28 1975年 10.71 稼勢恵一郎 徳島市立 徳島
27 1974年 11.1 藤田定彦 東淀川 大阪
26 1973年 10.8 武田 薫 磐田南 静岡
25 1972年 11.2 古川盛巳 徳島市立 徳島
24 1971年 11.2 野本裕巳 岡崎 愛知
23 1970年 11.0 星野広典 大垣工 岐阜
22 1969年 11.0 新開一夫 静岡市立商 静岡
21 1968年 10.9 藤本泰三 兵庫
20 1967年 10.7w 藤本泰三 兵庫
19 1966年 10.6 熊谷 真 磐田南 静岡
18 1965年 10.8 村田広光 延岡工 宮崎
17 1964年 10.9w 大前宏一 丸亀 香川
16 1963年 10.7 石川準司 浜松西 静岡
15 1962年 10.6w 飯島秀雄 目黒 東京
14 1961年 10.7 和田 哲 桜丘 神奈川
13 1960年 10.9 飯島秀雄 目黒 東京
12 1959年 11.2 浅井 浄 明石 兵庫
11 1958年 10.7 蒲田 勝 田辺 和歌山
10 1957年 10.9 蒲田 勝 田辺 和歌山
9 1956年 11.2 田中 力 日大二 東京
8 1955年 11.1 杉本俊雄 富岡東 徳島
7 1954年 10.7 久保宣彦 鳥栖 佐賀
6 1953年 11.4 村岡兼雄 本荘 秋田
5 1952年 11.3 平野重夫 磐田南 静岡
4 1951年 11.2 高谷美城 戸畑 福岡
3 1950年 11.3 清藤 亨 九州学院 熊本
2 1949年 11.4 石田英郎 長岡 新潟
1 1948年 11.5 大橋敏宏 磐田一 静岡


RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.22

ステップスポーツ神戸店 2月23日(金・祝)にグランドオープン!

陸上競技用スパイクやシューズ、ウェアの販売でおなじみの「SteP SPORTS(ステップスポーツ)」が2月23日、兵庫県神戸市に「ステップスポーツ神戸店」をグランドオープンする。 同店は、1月14日までの営業となった「ス […]

NEWS 川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top