HOME 国内、大学

2022.10.28

村竹ラシッド&田中希実が日本GPシリーズ年間王者に輝く!種目別チャンピオンも決定
村竹ラシッド&田中希実が日本GPシリーズ年間王者に輝く!種目別チャンピオンも決定

日本グランプリシリーズ2022の全日程が終了し、シリーズチャンピオンと種目別チャンピオンが決定した。

日本グランプリシリーズ2022の男子チャンピオンは110mハードルの村竹ラシッド(順大)、女子チャンピオンは5000mの田中希実(豊田自動織機)がそれぞれ輝いた。

シリーズポイントは3569点を獲得した村竹は、4月の織田記念を13秒55(-1.5)で優勝。6月の布勢スプリントでは予選で13秒39(+1.6)をマークし、決勝は2位に入っている。同3492点の田中は、5000mで織田記念(15分23秒87)、アスレティックスチャレンジカップ(14分59秒95)などが対象となっている。田中は1500mでも種目別チャンピオンとなった。

また、種目別チャンピオンも決定。男子100mは坂井隆一郎(大阪ガス)、走幅跳は橋岡優輝(富士通)、やり投はディーン元気(ミズノ)ら世界選手権代表組がトップに立つ。女子では100mが君嶋愛梨沙(土木管理総合)、200mは兒玉芽生(ミズノ)、100mハードルは日本記録保持者の福部真子(日本建設工業)がチャンピオンとなっている。

日本グランプリシリーズは指定大会12と、ポイント対象大会3で争われ、記録ポイントと特別ポイントの合計をパフォーマンスポイントとして計算し、各種目および全体の年間チャンピオンを決定。シリーズチャンピオンの村竹と田中は12月に開催される日本陸連アスレティックス・アワード2022で表彰される。

●日本グランプリシリーズチャンピオン
男子 村竹ラシッド(順大/110mH)
女子 田中希実(豊田自動織機/5000m)
・種目別チャンピオン
■男子
100m 坂井隆一郎(大阪ガス) 3372.0
200m 染谷佳大(大和ハウス) 3362.4
400m 川端魁人(中京大クラブ) 3333.0
800m 四方悠瑚(宝塚市陸協)3319.0
1500m 飯澤千翔(東海大学) 3353.0
5000m 坂東悠汰(富士通) 3256.0
10000m 相澤晃(旭化成) 3469.5
110mH 村竹ラシッド(順天堂大学) 3569.0
400mH 黒川和樹(法政大学) 3526.0
3000m障害 楠康成(阿見AC) 3346.0
走高跳 赤松諒一(アワーズ) 3422.0
棒高跳 江島雅紀(富士通) 3361.0
走幅跳 橋岡優輝(富士通) 3462.0
三段跳 池畠旭佳瑠(駿河台大AC) 3229.8
砲丸投 村上 輝(日本体育施設) 3018.0
円盤投 堤 雄司(ALSOK群馬) 3112.0
ハンマー投 柏村亮太(ヤマダホールディングス) 3232.0
やり投 ディーン元気(ミズノ) 3357.0
十種競技 片山和也(烏城塗装工業) 3172.5
■女子
100m 君嶋愛梨沙(土木管理総合) 3358.0
200m 兒玉芽生(ミズノ) 3224.0
400m 松本奈菜子(東邦銀行) 3241.0
800m 塩見綾乃(岩谷産業) 3252.0
1500m 田中希実(豊田自動織機) 3341.0
5000m 田中希実(豊田自動織機)3492.0
10000m 吉川侑美(ユニクロ) 3349.5
100mH 福部真子(日本建設工業) 3460.0
400mH 宇都宮絵莉(長谷川体育施設) 3304.0
3000m障害 山中柚乃(愛媛銀行) 3364.0
走高跳 髙橋 渚(メイスンワーク)3089.0
棒高跳 那須眞由(KAGOTANI) 3103.0
走幅跳 秦澄美鈴(シバタ工業) 3332.6
三段跳 森本麻里子(内田建設AC) 3247.0
砲丸投 尾山和華(今村病院) 2721.0
円盤投 郡菜々佳(新潟アルビレックスRC) 3052.0
ハンマー投 小舘充華(染めQ) 2870.0
やり投 北口榛花(JAL) 3346.0
七種競技 ヘンプヒル恵(アトレ) 3108.0

日本グランプリシリーズ2022の全日程が終了し、シリーズチャンピオンと種目別チャンピオンが決定した。 日本グランプリシリーズ2022の男子チャンピオンは110mハードルの村竹ラシッド(順大)、女子チャンピオンは5000mの田中希実(豊田自動織機)がそれぞれ輝いた。 シリーズポイントは3569点を獲得した村竹は、4月の織田記念を13秒55(-1.5)で優勝。6月の布勢スプリントでは予選で13秒39(+1.6)をマークし、決勝は2位に入っている。同3492点の田中は、5000mで織田記念(15分23秒87)、アスレティックスチャレンジカップ(14分59秒95)などが対象となっている。田中は1500mでも種目別チャンピオンとなった。 また、種目別チャンピオンも決定。男子100mは坂井隆一郎(大阪ガス)、走幅跳は橋岡優輝(富士通)、やり投はディーン元気(ミズノ)ら世界選手権代表組がトップに立つ。女子では100mが君嶋愛梨沙(土木管理総合)、200mは兒玉芽生(ミズノ)、100mハードルは日本記録保持者の福部真子(日本建設工業)がチャンピオンとなっている。 日本グランプリシリーズは指定大会12と、ポイント対象大会3で争われ、記録ポイントと特別ポイントの合計をパフォーマンスポイントとして計算し、各種目および全体の年間チャンピオンを決定。シリーズチャンピオンの村竹と田中は12月に開催される日本陸連アスレティックス・アワード2022で表彰される。 ●日本グランプリシリーズチャンピオン 男子 村竹ラシッド(順大/110mH) 女子 田中希実(豊田自動織機/5000m) ・種目別チャンピオン ■男子 100m 坂井隆一郎(大阪ガス) 3372.0 200m 染谷佳大(大和ハウス) 3362.4 400m 川端魁人(中京大クラブ) 3333.0 800m 四方悠瑚(宝塚市陸協)3319.0 1500m 飯澤千翔(東海大学) 3353.0 5000m 坂東悠汰(富士通) 3256.0 10000m 相澤晃(旭化成) 3469.5 110mH 村竹ラシッド(順天堂大学) 3569.0 400mH 黒川和樹(法政大学) 3526.0 3000m障害 楠康成(阿見AC) 3346.0 走高跳 赤松諒一(アワーズ) 3422.0 棒高跳 江島雅紀(富士通) 3361.0 走幅跳 橋岡優輝(富士通) 3462.0 三段跳 池畠旭佳瑠(駿河台大AC) 3229.8 砲丸投 村上 輝(日本体育施設) 3018.0 円盤投 堤 雄司(ALSOK群馬) 3112.0 ハンマー投 柏村亮太(ヤマダホールディングス) 3232.0 やり投 ディーン元気(ミズノ) 3357.0 十種競技 片山和也(烏城塗装工業) 3172.5 ■女子 100m 君嶋愛梨沙(土木管理総合) 3358.0 200m 兒玉芽生(ミズノ) 3224.0 400m 松本奈菜子(東邦銀行) 3241.0 800m 塩見綾乃(岩谷産業) 3252.0 1500m 田中希実(豊田自動織機) 3341.0 5000m 田中希実(豊田自動織機)3492.0 10000m 吉川侑美(ユニクロ) 3349.5 100mH 福部真子(日本建設工業) 3460.0 400mH 宇都宮絵莉(長谷川体育施設) 3304.0 3000m障害 山中柚乃(愛媛銀行) 3364.0 走高跳 髙橋 渚(メイスンワーク)3089.0 棒高跳 那須眞由(KAGOTANI) 3103.0 走幅跳 秦澄美鈴(シバタ工業) 3332.6 三段跳 森本麻里子(内田建設AC) 3247.0 砲丸投 尾山和華(今村病院) 2721.0 円盤投 郡菜々佳(新潟アルビレックスRC) 3052.0 ハンマー投 小舘充華(染めQ) 2870.0 やり投 北口榛花(JAL) 3346.0 七種競技 ヘンプヒル恵(アトレ) 3108.0

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top