HOME 特集

2022.10.21

世界レベルのウォーカー続々!山西利和が35km初挑戦 五輪出場の勝木隼人&丸尾知司 女子は園田世玲奈 20kmは住所大翔に注目/高畠競歩
世界レベルのウォーカー続々!山西利和が35km初挑戦 五輪出場の勝木隼人&丸尾知司 女子は園田世玲奈 20kmは住所大翔に注目/高畠競歩

第59回全日本35km競歩高畠大会は10月23日、山形県高畠町の高畠まほろば競歩コース・日本陸連公認競歩コース(1周2kmの周回コース)で行われる。コロナ禍の中止を挟んで開催は3年ぶり。2019年までは50kmだったが、今年から廃止されたことに伴い、この大会として初めて35kmを実施する。

大会は来年8月のブダペスト世界選手権、9月下旬から10月上旬にかけて行われる杭州アジア大会の代表選考会を兼ねる。世界選手権の〝即代表内定〟とはならないものの、派遣設定記録(20km→男子1時間19分30秒、女子1時間28分30秒/35km→男子2時間27分30秒、女子2時間46分00秒)を突破すれば、大きなアピールとなる。

男子35kmには、20kmで世界選手権2連覇中(19年ドーハ、22年オレゴン)の山西利和(愛知製鋼)が初挑戦。山西は当面20kmをメインに考えており、オレゴン大会の優勝者としてブダペスト大会20kmの出場権(ワイルドカード)を持っている。その中で、「機会があればチャレンジしてみたい」と以前から話していた35kmに参戦。オレゴン以来3ヵ月ぶりとなるレースで、世界王者のパフォーマンスに目が離せない。

また、東京五輪で50km代表に出場した勝木隼人(自衛隊体育学校)と丸尾知司(愛知製鋼)が出場。3月の世界競歩チーム選手権20km代表の諏方元郁(愛知製鋼)や元旦競歩20km優勝の石田昴(自衛隊体育学校)も初の35kmに挑む。

日本最高記録は川野将虎(旭化成)がオレゴンで銀メダルを獲得した時にマークした2時間23分15秒。川野は中止になる前、3年前の大会では50kmで当時の日本記録3時間36分45秒を樹立し、そのまま東京五輪代表に内定した。再び新たなタレントが登場するか。

女子35kmはオレゴン9位の園田世玲奈(NTN)を中心に展開される。10月10日に行われた栃木国体成年5000m競歩では、セカンドベストの21分48秒63で優勝。「自分の日本記録(2時間45分09秒)を更新して来年の世界選手権へ自信をつけたい」と高畠への意気込みを見せていたが、言葉通りのレースができるか。4月の日本選手権35kmで3位に入った矢来舞香(千葉興業銀行)や4位の渕瀬真寿美(建装工業)も上位候補だ。

20kmも行われ、男子はオレゴンで8位入賞を果たした住所大翔(順大院)が軸となり、古賀友太(大塚製薬)が争う構図となりそう。濱西諒(明大)や村山裕太郎(富士通)も優勝争いに加わるかもしれない。女子は9月の日本インカレ10000m競歩で優勝した梅野倖子(順大)や、2位の内藤未唯(神奈川大)に注目だ。

大会の模様はライブ配信される。

第59回全日本35km競歩高畠大会は10月23日、山形県高畠町の高畠まほろば競歩コース・日本陸連公認競歩コース(1周2kmの周回コース)で行われる。コロナ禍の中止を挟んで開催は3年ぶり。2019年までは50kmだったが、今年から廃止されたことに伴い、この大会として初めて35kmを実施する。 大会は来年8月のブダペスト世界選手権、9月下旬から10月上旬にかけて行われる杭州アジア大会の代表選考会を兼ねる。世界選手権の〝即代表内定〟とはならないものの、派遣設定記録(20km→男子1時間19分30秒、女子1時間28分30秒/35km→男子2時間27分30秒、女子2時間46分00秒)を突破すれば、大きなアピールとなる。 男子35kmには、20kmで世界選手権2連覇中(19年ドーハ、22年オレゴン)の山西利和(愛知製鋼)が初挑戦。山西は当面20kmをメインに考えており、オレゴン大会の優勝者としてブダペスト大会20kmの出場権(ワイルドカード)を持っている。その中で、「機会があればチャレンジしてみたい」と以前から話していた35kmに参戦。オレゴン以来3ヵ月ぶりとなるレースで、世界王者のパフォーマンスに目が離せない。 また、東京五輪で50km代表に出場した勝木隼人(自衛隊体育学校)と丸尾知司(愛知製鋼)が出場。3月の世界競歩チーム選手権20km代表の諏方元郁(愛知製鋼)や元旦競歩20km優勝の石田昴(自衛隊体育学校)も初の35kmに挑む。 日本最高記録は川野将虎(旭化成)がオレゴンで銀メダルを獲得した時にマークした2時間23分15秒。川野は中止になる前、3年前の大会では50kmで当時の日本記録3時間36分45秒を樹立し、そのまま東京五輪代表に内定した。再び新たなタレントが登場するか。 女子35kmはオレゴン9位の園田世玲奈(NTN)を中心に展開される。10月10日に行われた栃木国体成年5000m競歩では、セカンドベストの21分48秒63で優勝。「自分の日本記録(2時間45分09秒)を更新して来年の世界選手権へ自信をつけたい」と高畠への意気込みを見せていたが、言葉通りのレースができるか。4月の日本選手権35kmで3位に入った矢来舞香(千葉興業銀行)や4位の渕瀬真寿美(建装工業)も上位候補だ。 20kmも行われ、男子はオレゴンで8位入賞を果たした住所大翔(順大院)が軸となり、古賀友太(大塚製薬)が争う構図となりそう。濱西諒(明大)や村山裕太郎(富士通)も優勝争いに加わるかもしれない。女子は9月の日本インカレ10000m競歩で優勝した梅野倖子(順大)や、2位の内藤未唯(神奈川大)に注目だ。 大会の模様はライブ配信される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top