HOME 特集

2022.09.30

トラックシーズン終盤!秋の新潟に田中希実、廣中璃梨佳、北口榛花、真野友博、橋岡優輝、ディーン元気らが集結
トラックシーズン終盤!秋の新潟に田中希実、廣中璃梨佳、北口榛花、真野友博、橋岡優輝、ディーン元気らが集結

日本グランプリシリーズ新潟大会で世界陸連コンチネンタルツアー・ブロンズのATHLETICS CHALLENGE CUP 2022(アスレチックスチャレンジカップ)が、10月1、2日の2日間にわたって新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで行われる。トラック&フィールドシーズンもいよいよ大詰め。今季の総まとめ、そして来年のブダペスト世界選手権へ向けた大事な一戦となる。

注目は女子中長距離の田中希実(豊田自動織機)。今大会には800m、1500m、3000m、5000mの4種目にエントリーした。1週間前の全日本実業団対抗後は「状態を見て1、2種目になると思います」と語っていた田中。初日に800m、3000m、5000mが組み込まれ、2日目に1500mとなっている。どんな組み合わせで登場するだろうか。

5000mには日本記録保持者の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)がエントリー。全日本実業団対抗の後は「次は(記録を)狙いたい」と語っており、自身の持つ日本記録(14分52秒84)やブダペスト世界選手権の参加標準記録(14分57秒00)がターゲットになるかもしれない。

女子やり投の日本記録(66m00)保持者で、オレゴン世界選手権銅メダリスト・北口榛花(JAL)が帰国後初戦となる。世界選手権後は欧州転戦してダイヤモンドリーグ・ファイナルでも3位の快挙。まだ万全とはいかないまでも「久しぶりに日本のファンのみなさんに見てもらえる。60mオーバーを」と意気込んでいる。同種目には同じくオレゴン世界選手権代表の武本紗栄(佐賀県スポーツ協会)、19年ドーハ世界選手権代表の佐藤友佳(ニコニコのり)、全日本実業団対抗を制した長麻尋(国士舘クラブ)らハイレベルな選手がそろう。男子は世界選手権9位のディーン元気(ミズノ)、今季82m99を投げて復活した新井涼平(スズキ)の同年代対決に注目だ。

男子跳躍陣も豪華。走高跳にはオレゴン世界選手権8位入賞の真野友博(九電工)がエントリー。ただ、世界選手権後の欧州遠征で足をやや痛めた影響もあり本数を制限しながらの試合となりそうだ。走幅跳にはドーハ世界選手権8位、東京五輪6位の橋岡優輝(富士通)がエントリー。2年前に同会場で行われた日本インカレでは8m29を跳んでいるように相性の良いスタジアムであり、助走の感覚さえ戻ればブダペスト世界選手権の参加標準記録8m25のクリアもあり得る。

周回コースで好記録が出る新潟。男子400mには佐藤風雅(那須環境技術センター)、中島佑気ジョセフ(東洋大)と、オレゴン世界選手権4×400mリレー4位メンバーが出場を予定している。400mハードルには東京五輪代表で復調気配のある山内大夢(東邦銀行)が出場する。

女子200mは兒玉芽生(ミズノ)と君嶋愛梨沙(土木管理総合)が激突。今季は100mも含めて幾度となくハイレベルな攻防を繰り広げてきた。1週間前の全日本実業団対抗では兒玉が100mで日本歴代2位の11秒24、200mも23秒41の自己新をマーク。22秒台にどれだけ近づけるか。

女子円盤投には日本記録保持者の郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)、齋藤真希(東女体大)が出場。郡は「噛み合えば60mは投げられる準備はできている」と言うように、所属先の本拠地で日本人初の大台を狙う。同種目には61m78を持つジェイド・ラリー(英国)といったワールドクラスの選手も出場する。

このほか、各種目に有力選手が多数エントリー。秋の新潟を熱くするパフォーマンスが見られそうだ。大会は6000人を上限に入場無料で有観客実施。大会の模様はライブ配信される。

ライブ配信
1日目

2日目

日本グランプリシリーズ新潟大会で世界陸連コンチネンタルツアー・ブロンズのATHLETICS CHALLENGE CUP 2022(アスレチックスチャレンジカップ)が、10月1、2日の2日間にわたって新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで行われる。トラック&フィールドシーズンもいよいよ大詰め。今季の総まとめ、そして来年のブダペスト世界選手権へ向けた大事な一戦となる。 注目は女子中長距離の田中希実(豊田自動織機)。今大会には800m、1500m、3000m、5000mの4種目にエントリーした。1週間前の全日本実業団対抗後は「状態を見て1、2種目になると思います」と語っていた田中。初日に800m、3000m、5000mが組み込まれ、2日目に1500mとなっている。どんな組み合わせで登場するだろうか。 5000mには日本記録保持者の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)がエントリー。全日本実業団対抗の後は「次は(記録を)狙いたい」と語っており、自身の持つ日本記録(14分52秒84)やブダペスト世界選手権の参加標準記録(14分57秒00)がターゲットになるかもしれない。 女子やり投の日本記録(66m00)保持者で、オレゴン世界選手権銅メダリスト・北口榛花(JAL)が帰国後初戦となる。世界選手権後は欧州転戦してダイヤモンドリーグ・ファイナルでも3位の快挙。まだ万全とはいかないまでも「久しぶりに日本のファンのみなさんに見てもらえる。60mオーバーを」と意気込んでいる。同種目には同じくオレゴン世界選手権代表の武本紗栄(佐賀県スポーツ協会)、19年ドーハ世界選手権代表の佐藤友佳(ニコニコのり)、全日本実業団対抗を制した長麻尋(国士舘クラブ)らハイレベルな選手がそろう。男子は世界選手権9位のディーン元気(ミズノ)、今季82m99を投げて復活した新井涼平(スズキ)の同年代対決に注目だ。 男子跳躍陣も豪華。走高跳にはオレゴン世界選手権8位入賞の真野友博(九電工)がエントリー。ただ、世界選手権後の欧州遠征で足をやや痛めた影響もあり本数を制限しながらの試合となりそうだ。走幅跳にはドーハ世界選手権8位、東京五輪6位の橋岡優輝(富士通)がエントリー。2年前に同会場で行われた日本インカレでは8m29を跳んでいるように相性の良いスタジアムであり、助走の感覚さえ戻ればブダペスト世界選手権の参加標準記録8m25のクリアもあり得る。 周回コースで好記録が出る新潟。男子400mには佐藤風雅(那須環境技術センター)、中島佑気ジョセフ(東洋大)と、オレゴン世界選手権4×400mリレー4位メンバーが出場を予定している。400mハードルには東京五輪代表で復調気配のある山内大夢(東邦銀行)が出場する。 女子200mは兒玉芽生(ミズノ)と君嶋愛梨沙(土木管理総合)が激突。今季は100mも含めて幾度となくハイレベルな攻防を繰り広げてきた。1週間前の全日本実業団対抗では兒玉が100mで日本歴代2位の11秒24、200mも23秒41の自己新をマーク。22秒台にどれだけ近づけるか。 女子円盤投には日本記録保持者の郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)、齋藤真希(東女体大)が出場。郡は「噛み合えば60mは投げられる準備はできている」と言うように、所属先の本拠地で日本人初の大台を狙う。同種目には61m78を持つジェイド・ラリー(英国)といったワールドクラスの選手も出場する。 このほか、各種目に有力選手が多数エントリー。秋の新潟を熱くするパフォーマンスが見られそうだ。大会は6000人を上限に入場無料で有観客実施。大会の模様はライブ配信される。 ライブ配信 1日目 https://youtu.be/XnldAG2S1P4 2日目 https://youtu.be/dHI4jtKVeFQ

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top