HOME 駅伝

2022.09.30

全日本大学女子駅伝の出場校が決定! 亜細亜大が22年ぶり8回目の出場 東洋大、東農大、玉川大も返り咲き
全日本大学女子駅伝の出場校が決定! 亜細亜大が22年ぶり8回目の出場 東洋大、東農大、玉川大も返り咲き

日本学連は30日、10月30日に行われる第40回全日本大学女子駅伝の書類選考で出場する記録上位6校を発表した。

書類選考は、前回大会で8位以内に入ったシード校(8位の松山大は辞退)と各地区予選などで出場権を得たチーム以外を対象とし、5000mの記録上位6名の合計タイム上位6校が選ばれた。

6校は東洋大、筑波大、順大、東農大、玉川大、亜細亜大といずれも関東地区の大学が選出。東洋大は2年ぶり、東農大と玉川大は3年ぶりの出場となり、亜細亜大は22年ぶりの本戦出場となる。また、6番目の亜細亜大と次点の神戸学院大とのタイム差は0.49秒の僅差だった。

これにより、前大会でのシード校、地区学連代表枠の学校とあわせ、本戦に出場する出場全25校が確定。最多出場は日体大と福岡大の34回。最長連続出場は33年の立命大となる。

第40回全日本大学女子駅伝は10月30日に宮城県仙台市・弘進ゴムアスリートパーク仙台をスタート、仙台市役所前市民広場をフィニッシュとする6区間38.1kmに、オープン参加の東北学連選抜チームを含む26チームが参加して行われる。

■書類選考結果(5000m6名の合計タイム)
東洋大     1時間39分27秒90
筑波大     1時間40分21秒18
順大      1時間40分42秒59
東農大     1時間40分49秒20
玉川大     1時間41分06秒25
亜細亜大    1時間42分19秒81
——-以上、本戦出場————
神戸学大    1時間42分20秒30
京産大     1時間44分43秒13

■第40回全日本大学女子駅伝出場校
シード校(前回上位8校、松山大学は出場辞退)
名城大     24年連続24回目
大東大     12年連続12回目
拓大      5年連続5回目
立命大     33年連続33回目
日体大     11年連続34回目
大阪学大    14年連続29回目
城西大     28年連続29回目

各地区代表校
<北海道>
札幌国際大   6年連続6回目
<東北>
東北福祉大   16年連続20回目
<関東>
中大      4年連続31回目
<北信越>
新潟医療福祉大 11年連続11回目
<東海>
中京学大    4年連続4回目
<関西>
佛教大     5年連続21回目
関西大     15年連続15回目
関西外国語大  3年連続8回目
大阪芸大    7年連続10回目
京都光華女大  2年ぶり5回目
<中国四国>
環太平洋大   4年連続5回目
<九州>
福岡大     13年連続34回目
<5000mチーム記録上位6校>
東洋大     2年ぶり9回目
筑波大     2年連続26回目
順大      3年連続29回目
東農大     3年ぶり28回目
玉川大     3年ぶり20回目
亜細亜大    22年ぶり8回目
<オープン参加>
東北学連選抜チーム

日本学連は30日、10月30日に行われる第40回全日本大学女子駅伝の書類選考で出場する記録上位6校を発表した。 書類選考は、前回大会で8位以内に入ったシード校(8位の松山大は辞退)と各地区予選などで出場権を得たチーム以外を対象とし、5000mの記録上位6名の合計タイム上位6校が選ばれた。 6校は東洋大、筑波大、順大、東農大、玉川大、亜細亜大といずれも関東地区の大学が選出。東洋大は2年ぶり、東農大と玉川大は3年ぶりの出場となり、亜細亜大は22年ぶりの本戦出場となる。また、6番目の亜細亜大と次点の神戸学院大とのタイム差は0.49秒の僅差だった。 これにより、前大会でのシード校、地区学連代表枠の学校とあわせ、本戦に出場する出場全25校が確定。最多出場は日体大と福岡大の34回。最長連続出場は33年の立命大となる。 第40回全日本大学女子駅伝は10月30日に宮城県仙台市・弘進ゴムアスリートパーク仙台をスタート、仙台市役所前市民広場をフィニッシュとする6区間38.1kmに、オープン参加の東北学連選抜チームを含む26チームが参加して行われる。 ■書類選考結果(5000m6名の合計タイム) 東洋大     1時間39分27秒90 筑波大     1時間40分21秒18 順大      1時間40分42秒59 東農大     1時間40分49秒20 玉川大     1時間41分06秒25 亜細亜大    1時間42分19秒81 -------以上、本戦出場------------ 神戸学大    1時間42分20秒30 京産大     1時間44分43秒13 ■第40回全日本大学女子駅伝出場校 シード校(前回上位8校、松山大学は出場辞退) 名城大     24年連続24回目 大東大     12年連続12回目 拓大      5年連続5回目 立命大     33年連続33回目 日体大     11年連続34回目 大阪学大    14年連続29回目 城西大     28年連続29回目 各地区代表校 <北海道> 札幌国際大   6年連続6回目 <東北> 東北福祉大   16年連続20回目 <関東> 中大      4年連続31回目 <北信越> 新潟医療福祉大 11年連続11回目 <東海> 中京学大    4年連続4回目 <関西> 佛教大     5年連続21回目 関西大     15年連続15回目 関西外国語大  3年連続8回目 大阪芸大    7年連続10回目 京都光華女大  2年ぶり5回目 <中国四国> 環太平洋大   4年連続5回目 <九州> 福岡大     13年連続34回目 <5000mチーム記録上位6校> 東洋大     2年ぶり9回目 筑波大     2年連続26回目 順大      3年連続29回目 東農大     3年ぶり28回目 玉川大     3年ぶり20回目 亜細亜大    22年ぶり8回目 <オープン参加> 東北学連選抜チーム

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

5000m廣中璃梨佳が出場取り止め 青木益未、佐藤圭汰らも欠場へ 日本選手権正式エントリー発表

日本陸連は6月21日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)の正式エントリー選手を発表した。 日本選手権は6月7日まで参加申し込みが行われ、14日に […]

NEWS 七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

2024.06.21

七種競技・山﨑有紀「自己ベストで優勝」大玉華鈴「6000点目指したい」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 女子七種競技の日 […]

NEWS 世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

2024.06.21

世界陸上代表・丸山優真「最大限やってきた」田上駿「優勝を第一目標に」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場) パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技を前日に控える6月21日、岐阜市内で出場選手が前日会見に登壇した。 男子十種競技で前 […]

NEWS 20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

2024.06.21

20km競歩リオ、東京五輪代表・髙橋英輝が現役引退 「どのレースも自分にとっては忘れられない思い出」1万m競歩では世界最高記録も保持

6月20日、富士通は所属する競歩の髙橋英輝が同日付で引退することを発表した。 髙橋は岩手県花巻市出身の31歳。小学校ではサッカー、中学校ではソフトテニス部だったが、陸上の大会前になると特設された陸上部に所属し、長距離ラン […]

NEWS ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top