HOME 国内、世界陸上、日本代表
18年ぶりの世界4位!男子マイルリレーでアジア新!悲願のメダルへ「この経験を生かしたい」/世界陸上
18年ぶりの世界4位!男子マイルリレーでアジア新!悲願のメダルへ「この経験を生かしたい」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目

オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた男子4×400mリレー決勝。日本は2003年パリ大会以来、19年ぶりにその舞台に立った。

「みんなでメダルを取りたい。この世代からマイルのレベルが変わってくる」(ウォルシュ)。予選を3分01秒53の全体2位通過で終えると、そう口にしていた。

1走から佐藤風雅(那須環境技術センター)、川端魁人(中京大クラブ)、ウォルシュ・ジュリアン(富士通)、中島佑気ジョセフ(東洋大)と予選に続いて同じオーダー。この種目で初の表彰台へ、歴史を塗り替える気持ちで決勝に臨んだ。

スタートから連覇を目指す米国が飛ばしていく。「海外勢と競い合って力が入ってしまった」という佐藤。それでも前だけを懸命に追った。予選では3番手という好位置でバトンをつないでいただけに「川端選手に後ろからの勝負をさせてしまい悔しい」。6位争いでバトンが渡った。

予選ではラストまで粘って好走した川端。「自分の想定以上だった」という海外勢の前半スピードに圧倒される。だが、執念で順位をキープして走り抜いた。

「自分に託された走りをしなければいけない。順位を上げることだけを考えました」。ウォルシュが走り出す。「今年1番の走りができた」と評価するように、ラップも43秒91と好タイム。順位を2つも上げて、全体4位へ浮上した。

運命のラスト1周。3人の思いを乗せたバトンを中島が受け取った。「バックストレートは向かい風だったので、後ろにつきました」とメダルをうかがえる位置につける。

だが、3位を走るベルギーの背中が遠くなっていった。それでも最後まで必死に脚を動かす。激しい競り合いを経て、4位でフィニッシュした。

大会前から目標に掲げていたのは、日本記録(3分00秒76)の更新。それを見事に達成する2分59秒51だった。3分の壁を破ると、昨年インドが打ち立てた3分00秒25のアジア記録も塗り替える圧巻のレース。それでも4人の表情は暗いままだった。「メダルを取れると全員が信じていた」(中島)。だからこそ、この結果に満足はできなかった。

来年から世界陸上、2年後のパリ五輪、25年東京と、世界大会が毎年続いていく。この悔しさを胸に「来年こそ役割を果たしたい」(佐藤)、「また走る機会があればこの経験を生かしたい」(川端)。今回はかなわなかったメダルを目指していく。

世界大会で4位入賞は2004年アテネ五輪以来、18年ぶりのこと。これは4人が目指した、新たな歴史を切り開く第一歩となった。

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目 オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた男子4×400mリレー決勝。日本は2003年パリ大会以来、19年ぶりにその舞台に立った。 「みんなでメダルを取りたい。この世代からマイルのレベルが変わってくる」(ウォルシュ)。予選を3分01秒53の全体2位通過で終えると、そう口にしていた。 1走から佐藤風雅(那須環境技術センター)、川端魁人(中京大クラブ)、ウォルシュ・ジュリアン(富士通)、中島佑気ジョセフ(東洋大)と予選に続いて同じオーダー。この種目で初の表彰台へ、歴史を塗り替える気持ちで決勝に臨んだ。 スタートから連覇を目指す米国が飛ばしていく。「海外勢と競い合って力が入ってしまった」という佐藤。それでも前だけを懸命に追った。予選では3番手という好位置でバトンをつないでいただけに「川端選手に後ろからの勝負をさせてしまい悔しい」。6位争いでバトンが渡った。 予選ではラストまで粘って好走した川端。「自分の想定以上だった」という海外勢の前半スピードに圧倒される。だが、執念で順位をキープして走り抜いた。 「自分に託された走りをしなければいけない。順位を上げることだけを考えました」。ウォルシュが走り出す。「今年1番の走りができた」と評価するように、ラップも43秒91と好タイム。順位を2つも上げて、全体4位へ浮上した。 運命のラスト1周。3人の思いを乗せたバトンを中島が受け取った。「バックストレートは向かい風だったので、後ろにつきました」とメダルをうかがえる位置につける。 だが、3位を走るベルギーの背中が遠くなっていった。それでも最後まで必死に脚を動かす。激しい競り合いを経て、4位でフィニッシュした。 大会前から目標に掲げていたのは、日本記録(3分00秒76)の更新。それを見事に達成する2分59秒51だった。3分の壁を破ると、昨年インドが打ち立てた3分00秒25のアジア記録も塗り替える圧巻のレース。それでも4人の表情は暗いままだった。「メダルを取れると全員が信じていた」(中島)。だからこそ、この結果に満足はできなかった。 来年から世界陸上、2年後のパリ五輪、25年東京と、世界大会が毎年続いていく。この悔しさを胸に「来年こそ役割を果たしたい」(佐藤)、「また走る機会があればこの経験を生かしたい」(川端)。今回はかなわなかったメダルを目指していく。 世界大会で4位入賞は2004年アテネ五輪以来、18年ぶりのこと。これは4人が目指した、新たな歴史を切り開く第一歩となった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top