月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

福部真子が100mH12秒82!!準決勝8着ながら日本新樹立!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目

オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた女子100mハードル準決勝。1組に出場した福部真子(日本建設工業)は8着ながら12秒82( +0.9)の日本新記録をマークした。

初の世界大会ながら、予選は自己ベストにあと0.03秒、世界陸上日本人最高タイム12秒96(+0.5)で4着となり、タイムで拾われるプラスの1番目で準決勝進出を決めた。その力を、セミファイナルでも発揮。トビ・アムサン(ナイジェリア)が従来の世界記録を井0.08秒も更新する12秒12の世界新記録を樹立するというハイレベルのレースの中で、上位と差をつけられることなく食らいつき、青木益未(七十七銀行)が4月に出した日本記録12秒86を0.04秒塗り替えた。

■女子100mH日本歴代10傑
12.82 0.9 福部 真子(日本建設工業)    2022. 7.24
12.86 -0.2 青木 益未(七十七銀行)     2022. 4.10
12.87 0.6 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 2021. 6. 1
13.00 0.7 金沢イボンヌ(佐田建設)     2000. 7.16
13.00 1.5 鈴木 美帆(長谷川体育施設)   2021. 6. 6
13.02 1.4 池田久美子(スズキ)       2007. 4.29
13.02 -0.6 紫村 仁美(佐賀陸協)      2013. 6. 8
13.02 1.1 清山ちさと(いちご)       2022. 7. 9
13.03 -0.6 木村 文子(エディオン)     2013. 6. 8
13.08 0.2 石野 真美(長谷川体育施設)   2006.10.22

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com