月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

100mH青木益未 準決勝で13秒04!組6着も好スタートで世界に迫る!/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目

オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた女子100mハードル準決勝。2組に入った青木益未(七十七銀行)が13秒04(-0.1)で6着に入った。

好スタートを切ると、1台目の入りから世界と互角にハードルを越えていく。6台目でハードルに脚をぶつけて後退したが、最後まで粘り切りフィニッシュラインを超えた。

昨年の東京五輪ではケガの影響で予選敗退と悔しい結果となった青木。今季は4月に日本記録(12秒86/当時)をマークしていた。6月の日本選手権では福部真子(日本建設工業)に続いて2位に入り、100mでも4位。今大会は4×100mリレーにも出場して1走を務め、日本新記録樹立(43秒33)に貢献した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com