月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子200mはノア・ライルズが世界歴代3位の19秒31で圧勝!! 米国が100mに続きメダル独占!/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)7日目

オレゴン世界陸上7日目のイブニングセッションに行われた男子200m決勝。前回王者のノア・ライルズ(米国)が世界歴代3位の19秒31(+0.4)と2位以下に大差をつけて連覇を果たした。

東京五輪金のアンドレ・デグラス(カナダ)が新型コロナ陽性で予選棄権となったが、東京五輪でファイナルを争ったメンバーのうち6人が顔をそろえた決勝。混戦となった昨年とは違い、ライルズの強さが光ったレースとなった。

五輪銀のケネス・ベドナレク(米国)は5レーン、同4位のエリヨン・ナイトン(米国)が3レーンと内側にコースにエントリーされる中、準決勝を19秒62(+1.1)で悠々と通過したライルズは比較的コーナーの角度が緩い6レーンに。

スタートを決めたライルズは、20m地点で早くも外側のレーンを走っていたジョセフ・ファーンバレー(リベリア)に追いつくと、100m地点をトップで通過する。一方、前半型のナイトンやベドナレクはライルズのスピードに太刀打ちできず、この時点で勝負はほぼ決まったかたちとなった。

後半の直線に入っても、ライルズの勢いは止まらず2位のベドナレクとの差は広がる一方。1人だけ異次元の走りでフィニッシュラインを駆け抜けた。優勝タイムは1996年にマイケル・ジョンソン(米国)が出した19秒32を上回る米国新記録。また、後半100mは9秒16と、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が19秒19を世界記録を樹立したときの9秒27を上回るものだった。

23歳のベドナレクが19秒77のシーズンベストで2位、今季、19秒49をマークしている18歳のエリヨン・ナイトンが3位と、米国勢が100mに続きメダルを独占。25歳のライルズを含め、若き米国のスプリンターたちが、地元で偉業を成し遂げた。

■男子200m(+0.4)上位成績
1位 ノア・ライルズ(米国)           19秒31=世界歴代3位
2位 ケネス・ベドナレク(米国)         19秒77
3位 エリヨン・ナイトン(米国)         19秒80
4位 ジョセフ・ファーンバレー(リベリア)    19秒84
5位 アレクサンダー・オガンド(ドミニカ共和国) 19秒93
6位 ジェリ-ム・リジャーズ(トリニダードトバゴ)20秒08
7位 アーロン・ブラウン(カナダ)        20秒18
8位 ルクソロ・アダムズ(南アフリカ)

■男子200m世界歴代10傑
19秒19 -0.3 U.ボルト(ジャマイカ)  2009. 8.20
19秒26  0.7 Y.ブレイク(ジャマイカ) 2011. 9.16
19秒31  0.4 N.ライルズ(米国)    2022. 7.21
19秒32  0.4 M.ジョンソン(米国)   1996. 8. 1
19秒49  1.4 E.ナイトン(米国)    2022. 4.30
19秒53  0.7 W.ディックス(米国)   2011. 9.16
19秒57  0.4 J.ガトリン(米国)    2015. 6.28
19秒58  1.3 T.ゲイ(米国)      2009. 5.30
19秒62 -0.5 A.デグラス(カナダ)   2021. 8. 4
19秒63  0.4 X.カーター(米国)    2006. 7.11

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com