月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子走幅跳は中村大空が連覇 栁田聖大と東農大二ワンツー! あこがれの存在と兄の背中を追いかけて/IH北関東大会


◇インターハイ北関東大会(6月17日~20日/栃木県宇都宮市)

8月に行われるインターハイ出場を懸けた北関東大会の初日。男子走幅跳は中村大空(3年)が7m59(+1.4)をマークして連覇を果たし、2位に7m24(+0.5)で栁田聖大(1年)が入り、東農大二ワンツーを決めた。

中村は1本目から大幅自己新である優勝記録をマークし、「まさか跳べるとは思っていませんでした」と予想外の結果に驚く。「普段から1本目は(踏み切りを)取りにいくクセ」があるため、踏み切りにもまだ少し余裕があったが、そこで好記録を出せたのは「いつもよりリラックスして助走できた」からだという。

冬季からスピードを上げることを重視し、100mは10秒98から10秒63まで短縮したが「助走スピードを出すと脚の切り替えのタイミングが遅れてしまう」ため、「筋肉をつけたいです」とさらなる改善点も明確になっている。

インターハイへ向けては「7m80を跳んで優勝が目標です」と力強く語った。

栁田は1、2本目ともにファウルであとがない状況に。それでも土壇場の3本目で6m94(+2.3)をマークしてトップ8に残った。その後はなかなか記録を伸ばせず5回目終了時点で7位。「集中しすぎて覚えていません」と語ったラスト6回目で記録を伸ばして一気に2位まで上がった。

白旗が上がった瞬間にガッツポーズをして喜んだ栁田。「自己ベストがうれしくて感情的になりました」と笑顔を見せ、「助走で攻めて、スピードに乗れました」と語った。

インターハイに向けては「3回目で決勝を決めて、6回目で2位に入ったので、次は1本目から落ち着いて勝負ができるように」と課題を挙げ、「助走から踏み切りまで噛み合えば、7m40〜50はいけると思います」と意気込んだ。

優勝した中村は栁田大輝(東洋大)に「あこがれて」東農大二に入学。「アドバイスをもらったり、冬季練習ではタイムを競ったりしました」。栁田はそんな兄を持ち、次兄・聖人(3年)も18日の400mハードルに出場予定。長兄・大輝(東洋大)は高校2年時に走幅跳で7m51をマークしており、「兄に勝ちたいです」と兄超えを目指す。日本選手権で活躍する兄の姿に「自分も勢いづきました」と言い、県大会と北関東大会の前にも「がんばれよと連絡をもらいました」と兄の存在が刺激にもなっている。今をときめくスプリンターの背中を追いかける東農大二のロングジャンパー2人が、全国の舞台へ挑んでいく。

その他では、男子400mで原田真聡(東農大二3群馬)が47秒74の自己ベストで優勝。同1500mは小柴裕士郎(水城2茨城)が3分53秒06で制した。女子走高跳は1m73を跳んで高橋美月(埼玉栄1埼玉)が1年生V。同ハンマー投は塩濵咲空(青藍泰斗3栃木)が44m95の自己ベストで優勝した。

地区大会は全11地区で開催。各種目上位6名(競歩、女子棒高跳、三段跳、ハンマー投は上位4位、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)が全国大会に出場。インターハイは8月3日から7日まで徳島県で開催される。

◇北関東大会1日目の優勝者一覧
男子
400m 原田真聡(東農大二3群馬)47秒74
1500m 小柴裕士郎(水城2茨城)3分53秒06
走幅跳 中村大空(東農大二3群馬)7m59(+1.4)
女子
400m 山内そよ(大宮東3埼玉)55秒72
5000m競歩 中島橙子(前橋女2群馬)24分32秒76
走高跳 高橋美月(埼玉栄1埼玉)1m73
ハンマー投 塩濵咲空(青藍泰斗3栃木)44m95
やり投 入江遥菜(茨城キリスト3茨城)44m45

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com