月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本選手権エントリー発表!100m多田、桐生、小池、サニブラウンら 田中希実は3種目に登録


日本陸連は5月27日、第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・長居)のエントリーリストを発表した。

男子100mには、連覇を狙う多田修平(住友電工)、桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)らがエントリー。海外で好記録を出しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)も登録している。9秒95の日本記録保持者・山縣亮太(セイコー)が膝の手術を経て復帰途上のため欠場を発表済みでエントリーしていない。

オレゴン世界選手権の参加標準記録を突破している、男子5000mの遠藤日向(住友電工)、110mハードルの泉谷駿介(住友電工)、400mハードルの黒川和樹(法大)、3000m障害の三浦龍司(順大)、女子1500m・5000mの田中希実(豊田自動織機)、5000mの廣中璃梨佳(日本郵政グループ)、萩谷楓(エディオン)、木村友香(資生堂)、佐藤早也伽(積水化学)も順当にエントリー。上記の選手は3位以内で世界選手権代表に内定する。なお、田中は800m、1500m、5000mの3種目に登録した。

なお、同大会期間中にオレゴン世界選手権の参加標準記録を突破して3位以内となった選手も代表に即内定。日本選手権は6月9日から12日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com