月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

やり投・北口榛花が61m20!世界ファイナルへ脇腹痛から復調「国内で負けないように」/木南記念


◇木南記念(4月30日・5月1日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

日本グランプリシリーズ大阪大会の木南記念の2日目、女子やり投に日本記録(66m00)保持者の北口榛花(JAL)が出場。ただ1人60m超えとなる61m20をマークして優勝した。

雨が降る中での1投目。北口が放ったやりは60mラインを超えた。北口らしい笑顔が弾け、全身を使って喜びを表現。4日前に来日したチェコ人のディヴィッド・シェケラックコーチもスタンドで手を叩く。結果的に優勝記録になる61m20。北口は5投目にも60m47と『大台』に乗せた。

世界選手権の参加標準記録64m00を狙っていたというが、「60mを超えられて、負けなかったことがよかったです」と北口。2回の60mオーバーは「やりが被ってしまって曲がる軌道になってしまったのがもったいなかったです」と反省する。助走スピードが上がり、その上で2回目以降はシェケラックコーチから「もっと速く走ろう」と指示が飛んだ。「スピード、身体の土台は上がっていますが、まだそこに技術が対応できていない」と課題に挙げる。

それでも、そこはやはり日本記録保持者で、東京五輪ファイナリスト。「ずっと言われていることですが、国内では簡単に負けてはいけないと思っています」と、強い覚悟を持って臨んだ。

昨年の東京五輪では日本女子57年ぶりのファイナル進出を果たしたが、その予選で左脇腹を痛めて決勝12位。涙に暮れた。腹斜筋の肉離れで、一歩間違えれば競技生活に支障があったと診断を受けるほどの重症。その後は3ヵ月、ウォーキングとジョギングで過ごした。

11月には痛みが取れて一度チェコへ。年末年始は帰国して1月下旬に投てき練習を再開し、2、3月と欧州に渡り、4月の日大競技会で復帰して59m63をマーク。2戦目でしっかり60mを超えてきた。

これでアジア大会代表の最有力候補となり、世界選手権の参加標準記録についても「そのうち投げられるだろうと思っています」と自信がついた。「去年の東京オリンピック前よりも状態はいい」と北口。再び世界のファイナルを目指すために「まずは63~64mを3回目までに安定して投げられるようにしたい」。そうすれば自分も、見ている人も安心すると思うので、と笑い飛ばす姿は強い北口榛花が戻ってきた証だった。

2位に入った長麻尋(国士舘クラブ)は日本歴代10位となる59m37をマーク。度重なるケガなどを乗り越えてインターハイ女王であり日本陸連ダイヤモンドアスリート修了生が復活してきた。また、3位にはロンドン世界選手権代表の斉藤真理菜(スズキ)がこちらも59m07とケガから復調気配が漂う。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com