月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ボツワナの18歳・テボゴが男子100mで9秒96!U20世界記録を8年ぶりに更新/WAコンチネンタルツアー

30日、ボツワナの首都・ハボローネで世界陸連コンチネンタルツアー・ブロンズの競技会が開催され、男子100mで18歳のL.テボゴ(ボツワナ)が9秒96(+1.9)のU20世界新記録で優勝を飾った。従来のU20世界記録はT.ブロメル(米国)が2014年に樹立した9秒97。

ボツワナ南部のカニエ出身のテボゴは、昨年、ケニアで行われたU20世界選手権男子100mを10秒19(-0.4)で優勝を飾ると、200mでも銀メダルを獲得。今年2月に自己記録を0秒03更新する10秒08(+1.3)で走っていた。

また、同大会では東京五輪女子200m銀メダリストのC.ムボマ(ナミビア)が100mでアフリカU20新記録となる10秒97(+1.6)をマーク。約1時間後に行われた200mでも今季世界最高の21秒87(+0.6)で快勝した。

※一部誤りがあり、記事を修正しました。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com