月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ライバル不在の100mに圧勝の小池祐貴 新たなレーススタイルに手応え十分/織田記念


織田記念の男子100mは桐生祥秀(日本生命)が前日に欠場を発表。多田修平(住友電工)はA決勝に進めず、ライバル不在というなかで小池祐貴(住友電工)が存在感を発揮した。

雨天となった予選は2組を10秒42(+0.3)で悠々とトップ通過すると、A決勝は中盤で抜け出す。終盤はスピードを緩めながらも10秒49(-3.3)で圧勝した。2位は東田旺洋(栃木県スポ協)で10秒54、3位は伊藤孝太郎(東京ガスエコモ)で10秒57だった。

「やっぱり風が強かったですね。押されながらのレースになったんですけど、最後まであまり力まないように、自分のリズムで走り終えた感じです」

予選は「ケガだけはしないように」と慎重に駆け抜けた小池。決勝は強風にタイムを阻まれたが、気象条件に恵まれていれば、「オレゴン世界選手権の参加標準記録(10秒05)を狙おうかな」という気持ちになるほどギアを上げていた。

今季は米国でシーズンインを迎えて、4月18日のスタンフォード招待100mは予選で10秒21(+2.0)、決勝は10秒31(+0.6)。翌日の200mは20秒87(+0.3)だった。織田記念でタイムの上乗せはできなかったが、手応えを十分につかんだようだ。

「風が強すぎてちょっと気持ち悪いレースになったけど、仮に追い風だったとしたら、かなりいい感覚で80~90点ぐらいは出せていたんじゃないでしょうか。最後はちょっと肉離れが危ないと思ったので、少し流すようなかたちになったのがマイナス20点ぐらいです」

これまでスタートブロックの足を前後逆にしたり、歩幅や歩数を調整するなど、さまざまなことを試してきたという。そのなかでレースの流れはしっかりと固めてきた。

「最大速度の部分を意識してきたんです。スタートのピッチが上がりすぎると、中盤のトップスピードが下がる傾向があったので、前半のピッチをできるだけ抑えて、中盤以降にトップスピードが達するようなレースを心掛けました。前半は特に気にせず、顔を上げてから全力で走ろうと思って、その通りのレースができましたね」

昨季は50m以降にスピードが上がらなかったというが、今季は世界トップクラスのスプリンターと同じスピード曲線を目指している。

「トップスピードの高さが僕にとって一番大事。その出現区間を40~50mではなく、60~70mまで引っ張っていきたい。データ的には間違いなくその方がいいので、この冬はその方向でやってきました。自分の型みたいなものが決まってきたので、今後は好条件が来るのを待っていこうかなと思っています」

今季は個人種目でオレゴン世界選手権の「ファイナル」を目指すという小池。日本選手権は100mと200mに出場予定で、両種目で出場権を勝ち取り、オレゴンでは状態を見極めながら種目を絞って世界に切り込んでいきたい考えだ。次戦は5月3日の静岡国際。「自分の走りをして勝つことが大事だと思っています」という小池が200mでどんな走りを見せるのか。

文/酒井政人

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com