月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

三段跳で17年世界陸上代表の山本凌雅がケガで長期離脱明かす「強くなって戻ってきたい」


男子三段跳で日本歴代7位の16m87を持つ山本凌雅(JAL)が左脚疲労骨折のため、今季は試合に出場しないことを自身のSNSで明かした。

故障部位について「約2年前から」痛みがあったという。「騙し騙しやってきた」が、完治を目指して治療に専念。復帰までは「未定」としている。山本は「強くなって戻ってきたい」と綴った。

山本は高校時代にインターハイを制し、国体では初めて16m超えとなる16m10の高校記録を樹立。順大では世界ジュニアで7位入賞すると、17年には16m87の自己新を跳び、ロンドン世界選手権に出場し、台北ユニバーシアードでは銅メダルを獲得した。

19年にセカンドベストとなる16m85をマークしたが、近年は故障に苦しんでいた。昨年は全日本実業団対抗で4位。今年は3月に記録会に出て15m47だった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com