月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ダイヤモンドアスリート佐藤圭汰と西徹朗が対談を実施 プログラムへの意気込みを語る


日本陸連提供

日本陸連は3月28日に、第8期のダイヤモンドアスリートとして新規認定された男子中長距離の佐藤圭汰(洛南高→駒大)と、男子110mハードルの西徹朗(名古屋高→早大)のオンライン対談を収録した。その様子の一部が日本陸連公式YouTubeで公開。プロジェクトマネージャーを務める室伏由佳氏の進行で、プログラムに対する意気込みなどを語り合った。

ダイヤモンドアスリートは日本陸連が「国際大会での活躍が期待される次世代の競技者を強化育成する」制度で、競技力だけではなく、「豊かな人間性を持つ国際人育成」を目的とし、さまざまなプログラムにおいて人材の育成を図っている。

これまでに、男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)や走幅跳の橋岡優輝(富士通)、女子やり投の北口榛花(JAL)らも選出され、世界大会で活躍している。

今回は第8期で新たに認定された佐藤と西の2人、そして室伏氏によるオンライン対談が行われ、プログラムに対する思いやそれぞれの印象、今後の目標などを話した。

種目が違うため、お互いに「あまり交流はないです」というが、西は佐藤について「中学時代からすごい選手というのは知っていて、交流ができて光栄です」と話す。一方、佐藤は西について「インターハイの高校記録樹立はスタンドから見ていてすごかった」と語る。

お互いに聞いてみたいことは? というテーマでは、西は「1500mと5000mでどうやって練習を両立させているのか」と佐藤へ質問。それに対して「世界で活躍するために、どの種目を走っても速く走れるようになりたいという気持ちがあるからモチベーションを保てている」と佐藤は答えた。

佐藤からは「ラストのスプリントのキレがない。トップスピードを上げる練習を教えてほしい」という質問が飛び、西は「ゼロスタートと、走っている中で加速するのは違うと思うけど、400mや800m系の練習だとキレが出るのではないか。長い距離をほぼ全力で走る練習とかはどう?」と返していた。

これから語学やリーダーシップ研修など、いろいろなプログラムをこなしていくことになる2人。ダイヤモンドアスリートになったことについて、西は「世界で戦うことを目的としながら、競技以外の面でも学んでいきたい。すでに世界で羽ばたいているダイヤモンドアスリートの方々とプログラムを通して共有するのが楽しみですし、見合うような選手へと成長したいです」と意気込みを語る。

佐藤も「先輩方は世界で活躍されている方ばかり。長距離以外の選手も多いので、コミュニケーションを取ってプラスにして世界を目指していきたい。ダイヤモンドアスリートというのを胸に刻んで世界で活躍できる選手になれるように頑張ります」と決意表明した。

室伏氏は「豊かな人間性、国際生を持って世界で活躍する国際人として育ってほしい」と期待を込め、「これまでのプログラムに加えて、新しいプログラムも行っていく予定」と語った。

■第8期ダイヤモンドアスリート認定アスリート
クレイアーロン竜波(テキサスA&M大/中距離)
中村健太郎(日大3年/やり投)
出口晴翔(順大3年/400mH)
藤原孝輝(東洋大2年/走幅跳・110mH)
栁田大輝(東洋大1年/100m)
アツオビン・ジェイソン(福岡大2年/砲丸投)
佐藤圭汰(駒大1年/中長距離)
西 徹朗(早大1年/110mH)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com