月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

全日本競歩能美のエントリー選手が発表! 男子は東京五輪銀の池田向希、女子は岡田久美子、藤井菜々子ら

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

日本陸連は3月20日に開催される第46回全日本競歩能美大会/第16回日本学生20km競歩選手権大会のエントリー選手を発表した。

男子20kmには昨年の東京五輪で銀メダルを獲得した池田向希(旭化成)、2016年リオ五輪7位入賞の松永大介(富士通)に加え、学生では日本歴代8位の1時間18分42秒のベストを持つ古賀友太(明大)、2月の日本選手権20km競歩で2位に入った住所大翔(順大)らが名を連ねた。

女子20kmには2019年ドーハ世界選手権でダブル入賞を果たした岡田久美子(東京陸協)、藤井菜々子(エディオン)がエントリー。高校生からはインターハイ5000m競歩2位の石田さつき(大津商2滋賀)も出場し、学生からは昨年の日本インカレ10000m競歩優勝の籔田みのり(武庫川女大)らがリストに入っている。

同大会は今年に開催されるオレゴン世界選手権の代表選考レースに設定されており、派遣設定記録(男子1時間20分00秒、女子1時間30分00秒)を突破して優勝すれば内定となる。また、杭州アジア大会、中国・成都でのユニバーシティゲームズの代表選考も兼ねている。

20kmの他にも、高校男子10km、高校女子5km、中学男女3kmのレースが開催される。。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com