HOME ニュース、国内

2022.03.04

キプチョゲ「走ることが私の人生。強さ見せたい」鈴木健吾「世界陸上へ貪欲に」/東京マラソン前々日会見
キプチョゲ「走ることが私の人生。強さ見せたい」鈴木健吾「世界陸上へ貪欲に」/東京マラソン前々日会見

東京マラソンを2日後に控えた3月4日に招待選手の会見が行われた。

大きな注目を集めるが世界記録保持者でオリンピック連覇のエリウド・キプチョゲ(ケニア)。来日の飛行機の遅れの影響でバブル方式のなかオンラインで会見に臨んだ。

「日本が大好き。何度も声をかけていてだいてやっと出場できます」とキプチョゲ。来日後は「少し寒かったですが、しっかりトレーニングができています。コンディションは良好です」と笑顔を浮かべる。

目標タイムを書くボードには「STRONG」と記入。その真意を聞かれ「ストロングはストロング。いいレースを日本のみなさんに見せられればうれしい」と、世界最強の強さを見せるつもりだ。

迎え撃つ日本勢も豪華布陣。2時間4分56秒の日本記録を持つ鈴木健吾(富士通)は、「昨年のびわ湖と同じ流れでやってきました。コンディションはぼちぼち」。キプチョゲらの参戦に「チャレンジャーとしてワクワクしています」と楽しみな様子だ。

これまでもタイムより勝負にこだわってきた鈴木。「特別、変えたことはない。勝負を意識すればタイムもついてくる。積極的に外国人選手にチャレンジしたい」と意気込んだ。勝負した上で「オレゴン世界選手権代表を目指しているので、貪欲に挑みたい」と強い決意を示している。

昨年のびわ湖で2時間6分26秒をマークしている土方英和(Honda)は、「びわ湖に向けた練習をベースに質や量を増やした」と言い、ジョグを「これまで120分だったのを180分に伸ばすなどしてきた」と言う。

目標はHondaの先輩・設楽悠太が持つ2時間6分11秒を上回ること。「より多くの選手に勝てるようにしたい」と語った。

会見では、鈴木、土方からキプチョゲへ質問する機会も。土方から「好きな日本食は?」と聞かれ、「ポークカレー。マイルドだから好き。札幌で食べたあんパンがおいしかったので今回も食べたい」と笑顔を浮かべた。また、鈴木は「長く現役を続ける秘訣」を聞かれ「競技に対する愛」と即答。「日本が大好き、若者に走りを見せたい。そういった思いが(自分を)走り続けさせる。走ることが私の人生。楽しいから走るのです」と、真髄の一端を明かした。

そのキプチョゲは東京マラソンのコースについて「昨年、本来であれば走れたので、今回東京の街を走れてうれしい。フラットでスピードが出ると思う」と語る。

世界記録保持者VS日本記録保持者。東京を舞台に、日本だけでなく世界が注目するレースとなりそうだ。

■主要招待選手のコメント
井上大仁(三菱重工)
「練習のボリュームを持たせながら良い動きを意識してきた。(海外勢でも)常に勝負する気持ちではいる。状況にもよるが、出るからには結果を求めたい。日本でも30kmから勝負という意識が根付いている。折り合いを判断しながら我慢するという課題に向き合っていきたい」

吉田祐也(GMOインターネットグループ)
「日本人1位を取って世界選手権代表を目標にしている。その中でも海外勢でも勝負に勝つというところを正確に考えていきたい。大迫(傑)さんと合宿させていただくことで、より世界を目指すための視野が広がった。失敗がないのと、後半落ちないのが持ち味。35km以降が勝負どころになる」

東京マラソンを2日後に控えた3月4日に招待選手の会見が行われた。 大きな注目を集めるが世界記録保持者でオリンピック連覇のエリウド・キプチョゲ(ケニア)。来日の飛行機の遅れの影響でバブル方式のなかオンラインで会見に臨んだ。 「日本が大好き。何度も声をかけていてだいてやっと出場できます」とキプチョゲ。来日後は「少し寒かったですが、しっかりトレーニングができています。コンディションは良好です」と笑顔を浮かべる。 目標タイムを書くボードには「STRONG」と記入。その真意を聞かれ「ストロングはストロング。いいレースを日本のみなさんに見せられればうれしい」と、世界最強の強さを見せるつもりだ。 迎え撃つ日本勢も豪華布陣。2時間4分56秒の日本記録を持つ鈴木健吾(富士通)は、「昨年のびわ湖と同じ流れでやってきました。コンディションはぼちぼち」。キプチョゲらの参戦に「チャレンジャーとしてワクワクしています」と楽しみな様子だ。 これまでもタイムより勝負にこだわってきた鈴木。「特別、変えたことはない。勝負を意識すればタイムもついてくる。積極的に外国人選手にチャレンジしたい」と意気込んだ。勝負した上で「オレゴン世界選手権代表を目指しているので、貪欲に挑みたい」と強い決意を示している。 昨年のびわ湖で2時間6分26秒をマークしている土方英和(Honda)は、「びわ湖に向けた練習をベースに質や量を増やした」と言い、ジョグを「これまで120分だったのを180分に伸ばすなどしてきた」と言う。 目標はHondaの先輩・設楽悠太が持つ2時間6分11秒を上回ること。「より多くの選手に勝てるようにしたい」と語った。 会見では、鈴木、土方からキプチョゲへ質問する機会も。土方から「好きな日本食は?」と聞かれ、「ポークカレー。マイルドだから好き。札幌で食べたあんパンがおいしかったので今回も食べたい」と笑顔を浮かべた。また、鈴木は「長く現役を続ける秘訣」を聞かれ「競技に対する愛」と即答。「日本が大好き、若者に走りを見せたい。そういった思いが(自分を)走り続けさせる。走ることが私の人生。楽しいから走るのです」と、真髄の一端を明かした。 そのキプチョゲは東京マラソンのコースについて「昨年、本来であれば走れたので、今回東京の街を走れてうれしい。フラットでスピードが出ると思う」と語る。 世界記録保持者VS日本記録保持者。東京を舞台に、日本だけでなく世界が注目するレースとなりそうだ。 ■主要招待選手のコメント 井上大仁(三菱重工) 「練習のボリュームを持たせながら良い動きを意識してきた。(海外勢でも)常に勝負する気持ちではいる。状況にもよるが、出るからには結果を求めたい。日本でも30kmから勝負という意識が根付いている。折り合いを判断しながら我慢するという課題に向き合っていきたい」 吉田祐也(GMOインターネットグループ) 「日本人1位を取って世界選手権代表を目標にしている。その中でも海外勢でも勝負に勝つというところを正確に考えていきたい。大迫(傑)さんと合宿させていただくことで、より世界を目指すための視野が広がった。失敗がないのと、後半落ちないのが持ち味。35km以降が勝負どころになる」

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

NEWS パリ五輪TVスケジュール

2024.07.12

パリ五輪TVスケジュール

8月1日(木) NHK 14:30~ 男子20kmW、女子20kmW 8月2日(金) TBS系 24:30~29:30 男子10000m決勝 8月3日(土) フジテレビ系 25:00~29:30 女子100m決勝 8月4 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top