月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

世界競歩チーム選手権代表発表!東京五輪メダリストの池田向希&山西利和らが選出


日本陸連は、3月4日、5日にオマーン・マスカットで開催される第29回世界競歩チーム選手権の日本代表を発表した。

男子20km競歩には、東京五輪で銀・銅メダルに輝いた池田向希(旭化成)と山西利和(愛知製鋼)に加え、諏方元郁(愛知製鋼)が選ばれた。池田は大学時代にこの大会で優勝した経験を持つ。今年の世界選手権から新設される35km競歩の代表には東京五輪50km競歩で6位入賞を果たした川野将虎(旭化成)ら3人が選出。女子は20km競歩は東京五輪代表の藤井菜々子(エディオン)のみが選ばれている。

今大会は世界陸連のワールドランキング規則における「大会カテゴリーGW」に設定されており、オレゴン世界選手権出場権を獲得するための重要な競技会と位置づけられている。

なお、コロナ禍の観点から、現地滞在中は大会組織委員会、帰国後は日本が定める防疫措置に準じて行動する。

■世界競歩チーム選手権
・男子
20km競歩
池田向希(旭化成)
山西利和(愛知製鋼)
諏方元郁(愛知製鋼)
35km競歩
川野将虎(旭化成)
勝木隼人(自衛隊体育学校)
高橋和生(ADワークスグループ)
・女子
20km競歩
藤井菜々子(エディオン)

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com