月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

富士山女子駅伝の出場24チームが決定 初出場は中京学大と亜細亜大、筑波大は8年ぶり参戦


日本学生陸上競技連合は12月6日、12月30日の2021全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝)の出場チームを発表した。

10月31日の第39回全日本大学女子駅伝の上位12校に出場権が与えられている。そこに、12月6日正午時点での各校5000m7名の合計タイムで上位10校が決定。レースはこの22校と、全国8地区学連から選抜された全日本大学選抜、静岡県学生選抜を含めた24チームで争われる。

初出場(2004年に現在の名称で行われて以降)は10月末の全日本大会12位の中京学大と、5000mの合計タイムで9番目に入った亜細亜大。筑波大は8年ぶりの出場となる。

レースは静岡県富士宮市の富士山本宮浅間大社前をスタートし、富士市の富士総合運動公園陸上競技場をフィニッシュとする7区間43.4kmで行われる。

●2021全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝)
■出場チーム
全日本大学女子駅伝上位12位
名城大学
大東文化大学
拓殖大学
立命館大学
日本体育大学
大阪学院大学
城西大学
松山大学
東北福祉大学
関西大学
大阪芸術大学
中京学院大学
※以上、全日本大学女子駅伝上位12位に入り、出場権を獲得

福岡大学
佛教大学
順天堂大学
関西外国語大学
京都産業大学
東洋大学
京都光華女子大学
筑波大学
亜細亜大学
中央大学
※以上、5000m上位7名のタイムによる選出
全日本大学選抜
静岡県学生選抜

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com