月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝2022名鑑】駿河台大学

駿河台大学

初出場
前回順位 ―位(予選会8位)
過去最高順位 
至近10年総合成績(左が21年)
----------

三大駅伝優勝回数
箱 根0回
出 雲0回
全日本0回

チーム最高記録
往路 ――
復路 ――
総合 ――

監督 徳本一善
主務 佐野智哉

予選会を8位で突破し、本格強化11年目で悲願の本戦初出場。留学生のジェームズ・ブヌカが往路の主軸として君臨し、前回は関東学生連合で9区を走った町田康誠や清野太成が脇を固める。元中学教師の31歳・今井隆生は出走すれば戦後最年長箱根ランナーとなる。

選手一覧(★はエントリー選手)

名前(学年)
出身高
10000m
ハーフ
過去の箱根成績
(19年/20年/21年)
★今井 隆生(4)
大泉(東京)
29.26.99(20年)
1.04.11(20年)
―/―/―
★入江 泰世(4)
熊本工(熊本)
30.01.48(21年)
1.05.52(21年)
―/―/―
★榊原 嵩史(4)
新川(富山)
30.28.25(21年)

※14.35.74(21年)
―/―/―
★阪本 大貴(4/主将)
西脇工(兵庫)
29.49.22(19年)
1.05.05(20年)
―/―/―
佐々木匠太(4)
聖望学園(埼玉)
30.28.02(19年)
1.07.12(20年)
―/―/―
★ジェームズ・ブヌカ(4)
リルタセントラル(ケニア)
27.45.59(19年)
1.00.34(20年)
―/―/―
★田尻  健(4)
開新(熊本)
29.48.23(21年)
1.04.21(21年)
―/―/―
生田目大輔(4)
学法石川(福島)
30.24.46(20年)
1.08.45(20年)
―/―/―
★清野 太成(3)
飯能南(埼玉)
28.49.56(21年)
1.03.18(20年)
―/―/―
★小泉  謙(3)
開志国際(新潟)
29.47.36(21年)
1.03.43(20年)
―/―/―
★出仙龍之介(3)
鯖江(福井)
29.50.41(21年)
1.06.16(21年)
―/―/―




★永井 竜二(3)
武蔵越生(埼玉)
29.32.45(21年)
1.04.24(21年)
―/―/―
古澤 拓樹(3)
米沢中央(山形)
30.41.99(20年)
1.12.02(19年)
★町田 康誠(3)
白鴎大足利(栃木)
28.39.82(21年)
1.02.58(20年)
―/―/※9区12位
松岡 龍生(3)
山形中央(山形)
30.53.83(20年)
1.09.35(19年)
―/―/―
★松本 圭悟(3)
開新(熊本)
30.03.18(21年)
1.07.31(18年)
―/―/―
金  悠斗(2)
高岡商(富山)
30.38.03(20年)
1.07.25(21年)
―/―/―
★新山 舜心(2)
鹿児島(鹿児島)
28.56.54(21年)
1.04.05(21年)
―/―/―
★長谷部巧人(2)
埼玉栄(2)
29.53.48(21年)

※14.51.01(20年)
―/―/―
★池原 悠月(1)
東農大二(群馬)
29.31.04(21年)

※14.14.66(21年)
―/―/―
★加藤 亮太(1)
山形中央(山形)
30.35.54(21年)

※14.48.11(21年)
―/―/―
賀来 葵伊(1)
鹿児島城西(鹿児島)
30.38.85(21年)

※14.38.07(20年)
―/―/―

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com